トップ 自動車保険の基礎知識 リスク細分型の方が安いとは限りません

リスク細分型の方が安いとは限りません

「リスク細分型の自動車保険は安い」というイメージが先行していますが決してそうではありません。

個人向けの自動車保険では、同じ保険会社でもリスク細分型と従来型の保険と2種類の保険が用意されていることもあり、人によっては従来型の方が安い場合があります。

●リスク細分型自動車保険と従来型の自動車保険の保険料の違い

  リスク細分型自動車保険 従来型の自動車保険
年間保険料 ¥217,280 ¥197,590
A保険会社で試算、若い人で免許取りたて(ブルー免許)。21歳以上補償。
補償内容:一般車両100万円(免責0-10)、対人・対物無制限、人身傷害5,000万円

※この表は横スクロールできます。SCROLL

リスク細分型の場合、保険をあまり使わない人であれば安くなる可能性があるのですが、 年齢が若く、等級が低く、走行距離や使用頻度も高く、事故歴が多いなどリスクの高い人は保険料が高くなる場合があり、リスク細分型よりも従来型で加入した方が安く済むケースもあります。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

一括見積もりなら、入力は5分ほどでできますので、ぜひ気軽にお見積もりをしてみてくださいね。