トップ 自動車保険の基礎知識 あなたは車両保険に入るべき?車両保険の仕組みや車両保険に入るべき人とは

あなたは車両保険に入るべき?車両保険の仕組みや車両保険に入るべき人とは

はじめまして!
楽天自動車保険一括見積もり担当のアンドウです。

「自動車保険は、必要最低限のものだけ入りたい」
「車両保険は高いみたいだから、加入しなくて大丈夫かな?」

あなたは、そんな風に考えていませんか?
「車両保険」とは、事故で自分の車が壊れてしまったときの補償を行う保険です。

車両保険は自動車保険のなかでも高額なので、自分が事故を起こすリスクと、事故が起きてしまった場合の車体の修理費がどのくらいかかるかという観点で、加入を検討する必要があります。

具体的には、以下に当てはまる人は、車両保険の加入を検討したほうがよいでしょう。

当てはまる人は、車両保険の加入を検討しましょう

その理由は、免許をとりたての初心者、運転に慣れていない人は事故を起こすリスクが高いからです。
また、高級車は修理費が高くつくなどの理由があります。
(くわしくは、のちほど紹介しますね)

というわけで、今回はどんな人が車両保険に入るべきか、車両保険の概要を説明しますね。

それでは、まいりますっ!

  1. 車両保険を検討すべき人とその理由
    1. 1-a.車両保険の保険料の仕組み
  2. 車両保険には、一般型とエコノミー型がある
    1. 2-a.一般型(オールリスク型)とエコノミー型の違い
    2. 2-b.車両保険を割安にするポイント
  3. 自動車保険に加入するならダイレクト型自動車保険がオススメ!

1.車両保険を検討すべき人とその理由

車両保険を検討すべき人とその理由は以下の通りです。

1.免許をとりたてなど、運転に自信がない
運転免許をとりたての人、運転に慣れていない人が運転者に含まれる場合は、事故を起こすリスクが高いので、車両保険の加入を検討したほうがいいでしょう。
2.高級車に乗っている
高級車の場合、ちょっとした事故でも驚くほど修理費用がかかる場合があります。
また、盗難にあうリスクが高く、再度購入するときにも多額の資金が必要になるので、車両保険の加入を検討すべきです。
ただ、車両保険金額が1,000万円を超える場合は、ダイレクト型の保険会社では引き受け不可となるケースがありますので注意してくださいね。
3.購入したての新車に乗っている
車両保険の保険金額は、契約したときの車体の時価額がベースとなります。
(時価額とは、購入価格から使用期間や年数に応じて消耗分を差し引いた金額です)
そのため、時価額が高い新車はもしものときに十分な保険金額をもらえますので、車両保険を活用するメリットがあるんです。
(車両保険の保険料の仕組みについては、のちほどくわしくお話ししますね)
4.車の購入にローンやリースを利用する
ローンやリースで購入する場合、事故が起きてしまったとき修理費用を負担するゆとりがない可能性があるでしょう。
また、ローンやリースを契約する会社から、車両保険に入っておいてほしいと言われることが多いです。

上記の4つに当てはまる人は、車両保険の加入を検討してくださいね。
次に、車両保険への理解を深めていただくために、保険金額の仕組みについて説明しますね。

1-a.車両保険の保険料の仕組み

車両保険の保険金額は、「自動車保険の車両標準価格表」という各保険会社が作成している保険料の価格表に基づき、車体の型式・年式・グレードによって設定できる金額の幅が決まっています。
対人賠償保険や対物賠償保険のように自分で保険金額を選ぶことができません。

乗用車の場合、価格表には現在から過去8年までの間に新車登録された車の価格しか掲載されておらず、それより古い場合は中古車相場の金額が参考価格となります。
そして、クラシックカーなどプレミアムがついた自動車は、一般的に車両保険に加入できないケースが多いです。

こうした保険料の仕組みを考えると、 販売から8年以上経過している自動車は車両保険に加入してもあまりメリットがありません。
もし、加入する場合は、事故の際に支払われる保険料が、修理費用として十分な額なのか確認しておきましょう。

また、車両保険は掛け捨てなので、加入すれば一定の金額を支払い続けることになります。
そのため、「貯蓄があって、万が一の事故の場合、修理費用を支払えるので車両保険に加入してなくていい」という考え方もあるでしょう。

車両保険として支払う保険料と事故のリスク、自分の貯蓄とのバランスで、車両保険に加入すべきか考えてみてくださいね。
車両保険は補償範囲を限定することで、保険料を割安にできるプランもあります。

そこで次に、車両保険の種類について説明しますね。

2. 車両保険には、一般型とエコノミー型がある

車両保険は以下ふたつの種類があり、補償範囲が違います

一般型は補償範囲が広いため、保険料がエコノミー型の1.5倍ほどになることもあります。

あなたが車両保険への加入を検討する場合、どちらを選択するべきでしょうか。
ふたつの違いを説明しますね。

2-a.一般型(オールリスク型)とエコノミー型の違い

一般型とエコノミー型の補償範囲は、以下の通りです。

●一般型・エコノミー型双方でカバーできる補償
・火災、爆発
・落書き、いたずら、窓ガラス破損
・飛来中または落下中のモノと衝突
・ほかの自動車との衝突や接触
・台風、竜巻、洪水、高潮
・盗難
●一般型のみがカバーする補償
・電柱、ガードレールに衝突
・自転車との接触
・当て逃げ
・転覆、墜落

免許をとったばかりなど運転技術に自信がない人は、電柱・ガードレールの衝突が含まれる一般型を検討したほうがよいでしょう。

事故

一方、エコノミー型は補償範囲を限定することで、保険料が割安になります。
ただ、注意しておきたいのはエコノミー型を選ぶと「当て逃げ」の場合は保険料が支払われないこと。
エコノミー型は相手のナンバープレートが確認できないと、保険金が支払われないんです。
そして、上記で説明したように、自転車との接触や転覆、墜落の場合も補償されません。

一般型、エコノミー型それぞれの補償範囲を確認して、自分に合ったタイプを選んでくださいね。

一般型かエコノミー型かを選んだら、その保険を割安にするポイントもチェックしていきましょう。

2-b.車両保険を割安にするポイント

車両保険を割安にするポイントは「免責金額」を設定することです。
免責金額とは自己負担額のことで、免責金額を設定するとその金額に満たない修理代は、自己負担することになります。

事故

たとえば、免責金額を5万円で設定し、修理費用が発生した場合の自己負担費用は以下のとおりです。

●修理費用が4万5000円だった場合
修理費用が免責金額以下なので、全額自己負担となります
●修理費用が10万円だった場合
免責金額の5万円を超える5万円分が支払われます。

免責金額は、5万円や10万円などが一般的で、免責金額が高くなるほど保険料は割安になります。
車種や等級などの条件によりますが、免責金額の設定次第で、年間何万円も保険料の差が出ることもあります。

また、注意しておきたいのは保険金を請求した場合、「等級」が下がってしまうこと。
(等級とは、ドライバーが安全運転を続けているかを示す指標を指します)

等級は一般的に1級から20級まであり(20級が一番高い等級です)、等級が高いほど保険料の割引が受けられる仕組みです。
はじめて自動車保険を契約するときは「6等級」からスタートし、無事故で1年間を終えると等級がひとつ上がり、7等級になります。

そして、保険金を請求すると、等級は3つ下がるという仕組みです。
等級が下がってしまうと、翌年以降の保険料が割高になるので、少額の修理費用であれば保険料を請求せずにおいたほうがいい場合もあります。
つまり、免責金額を設定しておいて、少額の修理費用の場合は保険金を請求せず、等級を下げないようにするという選択肢もあるんです。

いかがでしたか?

車両保険に加入する場合は、事故のリスクや車両、あなたの貯蓄の状況によって判断してくださいね。
また、車両保険金額が1,000万円を超える場合は、ダイレクト型の保険会社では引き受け不可となるケースがありますので注意が必要です。

同じ加入条件でも保険会社によって金額が大きく変わることがありますので、楽天の自動車保険一括見積もりサービスを利用して、保険会社を比較検討することをオススメします。
一度入力フォームに登録すれば、複数社の見積もりを一括で請求することができます。
また、見積もりサービスを利用した際に、営業の電話がかかってくることはありませんので、安心して見積もりをしてくださいね。