ガッチガチでもない自動車コラム

最愛のペットが車にひかれたら補償される?

最愛のペットが車にひかれたら補償される?

ペットは対物賠償責任保険で補償されます

家族同然の存在として飼っているペットが自動車にひかれてしまったら、相手に補償してもらえるのでしょうか?結論から言えば、“対物賠償責任保険”で補償されます。飼主の心情としては家族同然の存在のペットであっても、法律上動植物は「人」ではなく「物」として取り扱われ、自動車事故の被害にあったペットの損害は対物賠償責任保険で補償されることになります。対人賠償責任保険や自賠責保険では補償されません。

ペットの事故、慰謝料は出る?

一般的に「物」に対して慰謝料は認められませんので、ペットの被害についても慰謝料は出ないと思っておいた方がよいでしょう。ところが興味深い判例があります。大型貨物自動車が乗用車に追突して、乗っていた犬が負傷した事故で、結局、加害者である運転手は飼い主の夫婦に対して犬の治療費、慰謝料等で合計約54万円の支払いを命じられました(平成20年9月30日名古屋高等裁判所の判決)。判決文を見て興味深いのは、

  • ペットは家族の一員でかけがえのないものとして広く知られている
  • そういったペットが死傷した場合の精神的苦痛もまた一般的であろう

といった内容が記されています。事故の被害者は子どもがいない夫婦だったので、特にペットの存在が大きなものであったと判断されたかもしれません。いずれにしてもペットが物でなく“人”と見なされた興味深い事例です。

ちなみにこの犬、被害者は6万5千円で買ったらしく、もし“物”としての対応であった場合は6万5千円以下の補償しかなったでしょう。自動車保険の対物賠償責任保険は買った金額ではなく時価で支払われます。物ですから買った金額よりは当然低くなります。ペットの事故は、一般的な自動車事故のような過失割合の基準がなかったり、ペットの存在価値が個々に異なっていたりする ため、保険会社も個別事情等で判断しているようです。

ペットをひいた運転手に過失はある?

ペットの事故で非常に多いのがペットの飛び出しです。住宅街での小型犬などの急な飛び出しでは、あまりスピードが出ていなくても運転手の発見が遅れ、回避が間に合わない事故例が多くなります。こういった事例では、運転手に大きな過失は発生しません。むしろ飼い主側の管理責任に大きな過失があったと判断されるケースが多くなります。一方、道路わきを散歩していたワンちゃんをひいてしまったり、追突事故を起こした相手車両に同乗していたペットにケガを負わせてしまったりしたような場合には、運転手に大きな過失が発生する場合があります。

このようにペットをひいてしまったからといってすべて運転手が悪いわけではありません。飼い犬が誰かにかみついてケガをさせてしまった場合も管理者である飼い主に責任が問われます。ペットは弱者ではりますが、管理をしっかりしないと飼い主が痛い目にあうこともあるので注意してください。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

記事を書いた人高根澤 茂
高根澤 茂損害保険プランナー(日本損害保険協会認定)
CFR®ファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定)
大学卒業後、損害保険会社に15年間勤務し2002年に保険代理業兼ファイナンシャルプランナーとして独立。2011年震災を機に地震保険のセミナーを開催するなど、損害保険を専門とするFPとしてセミナーや執筆活動を展開中。またライフプランにおける住宅資金や教育資金計画、家計簿診断、保険を活用したリスク対策、交通事故や賠償問題の相談業務に従事。
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート