ガッチガチでもない自動車コラム

洗車で愛車をピカピカにして、気分晴れ晴れ!

出かけるときのファッションには、気を遣いますよね。クルマだって同じです。せっかくおしゃれに決めていても、乗っているクルマが汚れていたら台無し。クルマをキレイにキープして、気持ちよく運転を楽しみたいものです。ここでは、洗車の前に押さえておきたい、意外と知られていない洗車のすすめ方をチェックしてみましょう。

洗車はいつするの?

夏の昼間の高温や炎天下では絶対に洗車をしないのが鉄則。日なたでの熱くなったボディは、水道水が蒸発したときにできるしみが目立ちやすく、ワックスがけも最悪の状況といえます。できれば、曇天の日の朝や夕方の涼しいときを選んで洗車をすることが理想的。また、風の強いときも要注意。砂やホコリが舞って、最後の拭き取りのときには、ボディに砂やホコリをかぶっている可能性もあるからです。

ただ水をかけるだけではない、洗車のワザ

洗車の最初は、ホースの先端をつまんで水の勢いを増し、ボディに着いた砂やホコリを流していきます。このとき、高い位置から低い所へと水をかけていくのが基本。ある程度ボディの汚れを流し落としたら、次は濡れタオルでボディをこすって汚れを落とします。順序は、ルーフ→フロントガラス・ウインドウ→ボンネット・トランク→サイドボディ→バンパー→タイヤ・ホイールといった具合です。ただし、タイヤ・ホイールの汚れがひどい時は最初に洗っておく方が無難。せっかくキレイにしたボディに、タイヤ・ホイールの汚れが飛散する可能性があるからです。タオルにたっぷり水を含ませて、ボディを撫でるような感覚でこすっていきます。常に水で流しながらやさしく撫でていきましょう。洗車専用のスポンジ、手早く拭き上げることのできるセーム皮など、洗車用の道具を揃えておくと効率よく行えます。

フロントガラスやウインドウも水で流しながら洗います。できたら、油膜除去剤でギラギラ視界を妨げる油膜をクリアーにしたいもの。また、ワイパーはゴミや砂などがたまりやすいので頻繁に掃除して、傷んだワイパーブレードは早めに交換することを心がけましょう。

せっかくボディをキレイにしても、タイヤなどの足元が汚れていたらがっかりですね。特に、ホイールはブレーキパッドのカスが付着して、すぐに汚れてしまいがち。さらに、ブレーキの熱の影響で頑固な汚れになってしまうので、気が付いたらこまめに洗いたいもの。ホイールも、スポンジやタオルなどで傷つけずに洗うようにしましょう。

クルマが大好きだからこそ、基本的な洗車のテクニックを把握して、普段からクルマをキレイにしておきたいものです。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

記事を書いた人つちや けい
つちや けい自動車、写真、オーディオ、パソコン、家電などハードなものから、温泉、グルメ関連等まで手掛ける、
守備範囲の広いコピーライター。新鮮な情報を、きめ細かく収集し、分かりやすい言葉で発信することを心がけている。
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート