2015.06.17

【楽天PINKサポート】保険月々30円~?!女性特有の病気に備えるイチオシプラン☆


皆さん、こんにちは!
楽天PINKカードの保険分野担当のピンキーです。


早速おさらいですが、この度、楽天PINKカードが誕生しましたね♪


そして、楽天PINKカードのカスタマイズ・サービスのひとつ「楽天PINKサポート(楽天PINKカード会員専用の団体保険)」について、これから3回に渡ってご説明させていただきます。


今回はその記念すべき第1回目です☆
「楽天PINKサポート」の補償内容や保険料などの概要説明となります。


さて、私が最近そうなのですが、皆さんも加齢に伴って健康が気がかりになってくることもあると思います。
特に女性の方は、ホルモンバランスの乱れによる身体の不調をはじめ、女性特有の病気にかかるリスクがあるため、日頃からそうした病気を予防したり、病気にかかった場合の対策を立てておいたりすると安心ですよね。

楽天PINKカードのカスタマイズ・サービス「楽天PINKサポート」には、そんな希望に応えられるよう、お手頃な保険料で女性特有の病気に備えられる“女性特定疾病補償プラン”があります!

備えておきたい“女性特定の疾病”は?


はい、質問!
具体的にどんな病気に備えればいいんですか?
この保険が補償してくれる病気は何ですか?

はい、回答!
楽天PINKサポートが補償対象としているのは、以下のような疾病です。



●妊娠・出産時のリスク

妊娠中の切迫流産、早産など

なお、出産時の帝王切開は“女性特定疾病保障プラン”の補償対象外となるので、ご注意を。


●代表的な女性特有の部位の疾病

乳房の病気…乳がん、乳腺症など
子宮の病気…子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症など
卵巣の病気…卵巣がん、卵巣機能障害など

女性であれば、女性特有の部位の疾病のリスクは付き物。
上記のような疾病は、もちろん“女性特定疾病補償プラン”の補償の対象となります。


●その他の女性が備えておきたい代表的な疾病

関節リウマチ
胆石症や胆のう炎など、特定の胆のうの病気
ネフローゼ症候群や慢性腎不全など、特定の腎臓や尿道の病気
がん(悪性新生物)など
※“女性特定疾病補償プラン”では、一部の中皮腫やカポジ肉腫などを除くがん(悪性新生物)を補償

女性特有部位でなくても、女性がかかりやすい疾病について補償されるのが嬉しい点。
特に、一部を除くがん(悪性新生物)が補償の対象となるのは心強いですね。



なお、ここで挙げたのは対象の一部です。


楽天PINKサポートの補償内容と保険料は?


そして、楽天PINKサポートの補償内容は以下3点です。


○約款および特約で定める女性特有の疾病で入院した場合

入院1日につき3,000円をお支払い


○手術を受けた場合の疾病手術保険金

入院中は30,000円、外来でも15,000円をお支払い


○放射線治療を受けた場合の放射線治療保険金

1回の放射線治療につき30,000円をお支払い


なお、以下が月払保険料テーブルです。
ご自身の年令であればいくらなのか、チェックしてみましょう!

保険料テーブル

※契約年令は楽天PINKサポートの保険始期日である2015年6月1日時点での年令



“18~19歳なら月々30円”という保険料はインパクトがありますが、他の年令帯についても、54歳までであれば500円以下、ワンコインでおつりが返ってくる金額で加入できます!

ぶっちゃけ、楽天PINKサポートはどんな女性にオススメ?


では、そんな楽天PINKサポートがどんな女性に特にオススメなのかというと、現在、医療保険に入っておらず、どんな保険に入ろうか決めかねている方です!

商品内容が違うので、一概に保険料だけでは比較できませんが、通常(個別契約)の医療保険では実現できないレベルのお手頃設定の保険料は、そこまで負担に感じないのではないでしょうか。

一方で、『入院1日3,000円って、ちょっと心もとない!』『女性特有の疾病以外は補償されないの?』という方もいらっしゃるかと思います。
そういう方であれば、通常の医療保険とセットでの加入で一層安心ですね。
なお、通常の医療保険をお探しになる場合には、楽天グループの保険代理店《楽天の保険》をご利用ください。
同様に、すでに医療保険に入っている方であっても、女性特定疾病に対する上乗せの補償としてお使いいただくのもオススメです!

そして、忘れてはならないのは、この補償は楽天PINKカード会員でないと加入できないという点。
申込みを検討する前に、楽天PINKカードへの入会もお忘れなく!



以上、ピンキーでした。
次回はさらに詳しい内容を見ていきますよ!






NEXT/STORY