2015.05.14

【ビジネスに革命を!】「楽天銀行」は圧倒的に有利な環境を提供します


皆さん、こんにちは。
最近のベアブームに乗っかって、口癖が「Show me the money!!」のピタゴラです。

そんな私に、先日明るいニュースが飛び込んできました。
2015年4月22日(水)の終値、日経平均が約15年ぶりに2万円台を回復したそうです。

このお知らせには個人投資家たちもエビス顔で、証券会社各社も大入り袋を従業員に振る舞ったそうな。
あら、羨ましい。

ただ、そうは言っても、株で勝てるのは一握り。
私はかねてからの人生プラン通り、起業して一山当ててやりますよ!
『株より起業の方が厳しいだろ、運の要素デカすぎるだろ(失笑)』というツッコミは、ここでは一旦ナシでお願いします。


とにかく、そのためには色々と準備しないとね!!

さてさて起業の準備です(巻きで)


えっと、まずは必要書類を揃えて…
法人登記して…
登記簿謄本を取得して…


はい!
ようやく口座開設ですね!!


やっぱり銀行は大手の名前を使わないとね~。
信用力も違うし、今後のためにも“虎の威を借る狐”ですよね~。
窓口で開設っと。

その翌日…


ハッ!
ついうっかり銀行窓口が開いている15時を過ぎてしまったぜ!
また明日だな!


ハッ!
急遽入ったクライアントとのアポが13時からか!
また明日だな!
あっ明日は土曜日か!
じゃあ来週にしよう!


ハッ!
(以降エンドレスに続きがち)




っておいおい、このままじゃ、いつまで経っても口座開設なんか出来ないぜぇ!?
せっかく起業を決意したのに、早くも暗雲がぁ!?

よくある起業家の苦い思い出


(Aさん)
会社近くの金融機関で開設しようとしていましたが、営業時間が15時までということもあり、ビジネスのコアタイムと丸被りしていることで、なかなか都合が付きませんでした。結局、後回し後回しを繰り返し、ようやく銀行口座が開設できたのは、なんと2ヶ月後のことでした。苦かったですね、あの時は。




まあ、なんだかんだ、暗い気持ちになる経験談ですよね。
初速で駆け抜けたいのに、なかなか進んでいかない感覚。

ちなみに、Aさんのような人は結構多い模様です。


法人口座の開設は大変でしたか?


でも、そんなときは楽天銀行!


楽天銀行



ということで、楽天銀行の法人口座は、かなり便利です。
楽天銀行といえば、totoがネット上で買えたり、コンビニでATMがタダ(条件有)で使えたり、楽天証券と連携していて取引が便利になったりと、個人サービスが充実している印象ですが、法人向け口座も、いつの間にやらゴイス~なことになっていたのです!



まず、最も苦戦しそうな口座開設はというと、履歴事項全部証明書と本人確認書類(免許証等)があれば、窓口に行かないで郵送でOK。
これなら、都合の悪い平日の夕方から夜にかけて、あるいは土日も進めることができてしまいます。

そして、開設状況の進捗もWEBで確認できるので、せっかちな方にも優しいです。

また、20口座まで一度に申し込みが出来るので、複数店舗や振込目的別に分けることも可能です。


でも、仮にひとりで起業する場合、そんな複数口座作成なんかしちゃって、管理は大変じゃない?大丈夫?

はいはい、大丈夫です!
「口座管理プラス」があります!

口座管理プラス


口座管理プラスでは、口座管理のPCを指定して制御をかけるだけではなく、各店舗別にセキュリティを掛けて、アクセス権限まで付与できてしまいます。
だいぶ優秀な機能です。

例えば、『本店で全店舗の売上進捗管理をしたい!』なんて場合も、各店舗のログイン状況から入出金から何から、全部管理・把握できてしまうのです。

工数削減!
費用負担ゼロ!



少しずつ明るい兆しが見えてきませんか?


時は流れ、2週間後…


よ~し!
そしたら早速、海外の仕入先から大量購入していた、アパレル関連の代金を支払ってみよう。


ちょっと待てよ。
以前ネットオークションで使った時、海外送金ってメチャクチャ高かった記憶が。
5,000円とか10,000円とかだった気が。
せっかく稼いだ利益がほとんど飛んじゃいそうだね、はは。



えっ?


ええっ?

海外送金に革命を!


おい、マジか!?
安い!?


仮に月3回海外に送金することを考える。

<従来>
5,000円×3回×12ヶ月=180,000円
<楽天銀行>
1,000円×3回×12ヶ月=36,000円


年間140,000円も浮いちゃうってことになりますね。
140,000円もあったら、新たに設備投資も出来てしまう。
しかも、これは毎年浮く金額だから小規模ビジネスには本当に嬉しい。



早い・安い・便利。
銀行業界の雄。
楽天銀行。


とにかく芳ばしい船出ではないでしょうか!






以上、駆け足での説明となりましたが、いかがでしたか?


このように、個人ビジネスの分野においても、あるいは法人ビジネスの分野においても、楽天銀行のサービスラインナップはなかなかのものです。

口座開設手数料や維持費は全て無料です。




では、さいなら。






NEXT/STORY