2015.04.06

【現金で払うだけじゃもったいない】Edy-Rポイントカードってなんですの?


皆さん、こんにちは。
もしも、外国の方と結婚して、子供ができたら「エディー」と名付けたい、ムロケーです。

そんな私ですが、最近もっぱらのマイブームになっていることがあります。
『楽天スーパーポイントは、インターネットで、しかも楽天が運営しているサービスを利用する場合にしか使えない!』と思っている人を見つけ出すこと。

ピンポイントすぎるかもしれませんが、マイブームはこれくらい具体的な方が長続きするのです。

そしてですね、運良くそういった人を見つけることができた暁には、すぐさま《Edy-Rポイントカード》を見せびらかします。
シャッキーン!!と、ドヤって出す場合もあれば、さりげなくクールに出す場合もあります。
そこは見せる相手によって変えていきます。
そういう温度感は非常に大事にしていますね。

そして、見せた相手が、何それ!?となったら、こっちのもんです。
この瞬間が本当に至福なのです。

そしてそして、特に買うモノもないのに、とりあえず近くのコンビニに立ち寄り、楽天スーパーポイントを使えること、そして貯まることを実演する訳です。
半ばネタばらしとなってしまいましたが、もう少し続けます。

楽天Edyって?


楽天Edyは楽天グループのプリペイド型電子マネーです!

と、その前に電子マネーについて、ご存知かと思いますが、一応説明しますと、以下のような方々のために開発された、決済サービスです。

『お金を現金で財布に入れて持ち歩くのはジャマくさい!』
『支払いをもっとスマートにしたい!カッコつけたい!』
『支払うときに、端末にかざしたときの、あの独特の効果音を聞きたい!癒される!』


どうでしょうか?
電子マネー素晴らしいと思います。

中でも、楽天Edyは、コンビニやスーパーなど、全国およそ40万ヶ所で使える電子マネーです。
そして、200円のご利用につき、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

1,000円で5ポイントです!
『多いか少ないか分からない!』という方に具体例を説明します。
例えば、コンビニで、並べられているオニギリ全種類を買うとします。
30種類の具材があるとします。
まるで、夢のようですね。
1コ税込み120円だとします。
30種類で1コずつ買って、3,600円です。
これを楽天Edyで支払えば、18ポイント貯まります。

と、まぁこんな感じです。

皆さんも具体的なシチュエーションを想像して、楽天Edyで支払っている自分をイメージしてみることをオススメします。

いや、で、Edy-Rポイントカードって?


はい、その電子マネーである楽天Edyに、さらにRポイントカードの機能を追加したものです。
ハイブリッド形態ですね。
これスゴイですよ結構。
下の図をご覧ください。

Edy-Rポイントカード



つまり、どういうことかと言いますと、


●楽天Edy加盟店の場合、楽天Edyでのお支払い200円毎に1ポイント貯まる。

ふむ、これはOKですよね?


●Rポイントカード加盟店の場合、Rポイントカード提示でのお支払い100円毎に1ポイント貯まる

ふむふむ、これもOKですよね?


●楽天EdyとRポイントカード加盟店の場合、楽天Edyでのお支払い200円毎に1ポイントと、Rポイントカード提示でのお支払い100円毎に1ポイントで、合計3ポイント貯まる


ぬお!
1+2で合計3ポイント!
ここです。
ここがお得です。

楽天Edyで貯まる分とRポイントカードで貯まる分、両方のポイントが貯まることになります。
もちろん、貯まったポイントはインターネットでも使えます。
ですので、今まで、楽天Edyだけを利用していた方(楽天Edyの付帯されているカードをお持ちだった方)も、はたまたRポイントカードだけを持っていた方も、是非ともこの際に合わせてしまうことをオススメします。



ということで、お申し込みいただければ送料無料でお届けします!


はい。
告知も済みましたので、INLIFEさんに一旦お返しします。


以上。






NEXT/STORY