安心!もしもの時の事故対応

車を修理する際に保険を使用するには?

もしもあなたの車が、事故や災害によって壊れてしまったら?
万が一に備えるために、ここで車両保険について考えてみましょう。

車両保険とは?

事故などで自分の車が損害を受けた場合の修理に備えるための保険としては、車両保険というものが用意されています。車両保険には大きく分けて充実補償タイプの「一般車両保険」と車同士の事故と災害の一部のみ補償するタイプの「エコノミー車両保険」の2種類があるのですが、ほとんどの事故をカバーする一般車両保険に対して、エコノミー車両保険は、補償の範囲を限定することで保険料が安く抑えられています。

一般車両保険とエコノミー車両保険、どちらのタイプを選択するにしても、車両保険をつけるにあたっては、まず保険金額を決める必要があります。 ここで車両保険の保険金額はいったい何を根拠に決めればよいのでしょうか?実は車両保険の金額については、一般的に、補償の対象となる車の「型式」や「初度登録年度」から導かれる市場流通価格をベースに、一定の範囲に収まるように設定されるようになっています。

あなたの自動車保険料を簡単見積もり、楽天の自動車保険一括見積もりサービスをクリック!
楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

免責金額とは?

車両保険について考えるにあたり、もう一つ重要なポイントがあります。
それは免責金額(自己負担額)の設定です。「免責」とは責任を免れることをいい、 責任を免れるのは他ならぬ保険会社です。
つまり保険会社は、契約の際に設定した免責金額と呼ばれる金額を超える部分についてのみ 補償すれば足りるということになっています。

例えば一般車両保険に5万円の免責を設定しておいて、車の修理代が 50万円(車両保険金額の範囲内)の単独事故を起こした場合、 支払われる車両保険金は(50万円-5万円=)45万円ということになります。
(したがって残りの5万円は自己負担しなければなりません・・・)
最近では1回目の事故について免責金額をゼロとすることが一般的ですが、 数年前までは5万円程度の免責を設定しておいて、 別途特約を付けることで車対車の事故など一定の場合に限って免責をゼロにするというのが主流でした。
ちなみに1回目というのは1保険年度(保険始期から終期までの通常は1年間) で最初の事故という意味で、1年間に2回以上の事故を起こして はじめて2回目の免責金額が適用されることになります。

 なお、一般的に高い免責金額を設定するほど保険料は安くなる仕組みになっていますので、 はじめから小損害の事故であれば修理代は自腹でまかなうと決めているのであれば、 その許容できる範囲内で免責金額を設定するというのも保険料を節約する一つの方法です。
「保険料が高くて、車両保険が付けられない」という方は一度検討してみてはいかがでしょうか?
(設定できる免責金額の種類は保険会社によって異なります)

より正確な保険料を調べるには、楽天の自動車保険一括見積もりサービスが最適!
楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!自動車修理の際の保険についてご紹介します。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート