安心!もしもの時の事故対応

事故から保険金請求までの流れ

示談交渉でほとんどが解決する

相手がある事故の場合、そのほとんどが示談で解決します。示談で話がまとまらなかった場合には調停あるいは裁判ということになります。事故当事者同士で話がまとまってから保険金の請求・支払を受けることができるため、よほどの事故でない限りは早期解決をはかりたいものです。

補償の種類によって保険金支払いの流れは異なります

【対人賠償、対物賠償】

【人身傷害補償、搭乗者傷害補償】

【車両損害】

なお、保険金請求にあたっては通常、保険金請求書、事故証明書、修理見積もり(車両損害のある場合)、示談書(金額によっては省略)、免許証コピー等が必要になります。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート