安心!もしもの時の事故対応

こんな時はこんな保険が使える

事故のケースで知る「使える保険」

事故のケースはさまざまです。それによって、どんな保険が適用されるのか、あらかじめ知っておきたいところですよね。代表的な例から、どんな保険が使えるのかを確認しておきましょう。

ケース1)信号停止中の相手車両に追突してしまった

  • 相手がケガをしてしまったら ⇒ 自賠責保険&対人賠償責任保険
  • 相手のクルマが壊れたら   ⇒ 対物賠償責任保険
  • 自分や同乗者がケガをしたら ⇒ 人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険
  • 自分の車が壊れたら     ⇒ 車両保険
解説

事故の相手がケガをした場合、まずは自賠責保険で補償されます。治療が長引くなど、自賠責保険の支払い限度を超えた場合は自動車保険の対人賠償責任保険で支払われます。

また、相手の車が壊れたらその修理代や代車費用は対物賠償責任保険から支払われます。
自分の車が壊れた場合は、車両保険に加入していれば車両保険から支払われます。

ちなみにケース1で自分が被害者になった場合、相手から補償を受けることになりますが、自分で搭乗者傷害保険に加入していればその補償も受けることができますので、忘れずに請求しましょう。

ケース2)歩いている時に後ろから来た車にはねられ、逃げられてしまった

  • 自分のケガ ⇒ 人身傷害補償保険
解説

人身傷害補償保険は歩行中の事故でも補償されます。補償内容は治療費や休業補償、精神的損害などです。ただし、“被保険自動車搭乗中のみ”という内容になっているときは補償されません。

ケース3)高速道路を走っている時に、前を走っているダンプカーから小石が落ちてきてガラスにヒビが入ってしまった

  • 自分の車両の損害 ⇒ 車両保険
解説

車両保険は自動車事故だけが補償の対象ではありません。盗難や火災・爆発、洪水・台風による損害も補償されます。ケース3のような石はねによる損害も補償の対象です。ただし、車両保険にはエコノミータイプとフルカバータイプがあり、エコノミータイプでは補償されない事故もあります。

「こんな時は使えない」も知っておこう

どんな事故でも補償されるわけではありません。自動車保険には保険金が支払われない事故、つまり「免責」がありますのでしっかり確認しておきましょう。

<主な免責事項>
補償項目 主な免責事項
対人賠償責任保険
  • 契約者・被保険者の故意によって生じた損害
  • 地震・噴火・津波、戦争、武力行使・内乱等の事変、暴動、核燃料物質等によって生じた損害
  • 台風、洪水、高潮によって生じた損害
  • 父母、配偶者、子に対する損害 など
対物賠償責任保険
人身傷害補償保険
  • 被保険者の故意または重過失によって生じた損害
  • 地震・噴火・津波、戦争、武力行使・内乱等の事変、暴動、核燃料物質等によって生じた損害
  • 異常かつ危険な方法で乗車中に生じた損害
  • 酒気帯運転や無免許運転、麻薬等により正常な運転ができない状態での損害
搭乗者傷害保険
車両保険
  • 被保険者の故意または重過失によって生じた損害
  • 地震・噴火・津波、戦争、武力行使・内乱等の事変、暴動、核燃料物質等によって生じた損害
  • 車を競技、曲技を目的として使用する場合(練習も含む)
  • 酒気帯運転や無免許運転、麻薬等により正常な運転ができない状態での損害
  • 単なる故障損害
  • タイヤのみの損害
  • 詐欺または横領によって生じた損害
解説
対人賠償責任保険と対物賠償責任保険は重過失や法令違反等は免責事項になっていません。これは補償の目的が「被害者救済」を基本に考えられているからです。例えば飲酒運転で追突事故を起こしてしまった場合でも支払い対象になります。ただし、自分のケガや自分の車の損害については対象外です。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート