保険料金について

格安な自動車保険会社をお探しの方へ

厳しい経済環境が続くなか、車の保険を見直して格安のプランをつくるためのポイントについてご案内します。

まず不足がないかチェック!

景気低迷で先の見えない中、自動車保険の保険料を少しでも格安にしたいという気持ちはわかりますが、せっかくの保険もイザというときに役に立たなければ意味がありません。

自動車保険を見直すにあたり、まず保険に入る目的に立ち戻って考えてみましょう。

いうまでもなく、自動車保険は万が一の車の事故に備えるためのものですので節約を考える前に、まず補償内容に不足が無いことを確認しておく必要があります。

対人・対物は「無制限」で!

はじめに、自動車保険の最も大切な機能である、事故の相手方に対する賠償についてみてみます。
これについては、他人のケガを補償する対人賠償保険はもちろんのこと モノの損害を補償する対物賠償保険についても「無制限」を選択しておくべきです。

どちらも近年、高額化の傾向にあって、損害賠償請求額が億単位になるケースも珍しくなくなってきています。
そして、契約の保険金額が足りないなどということにでもなれば、保険会社による示談代行サービスを受けられずに、相手方との示談交渉を自分で行なわなければならなくなることもありますので、特に注意が必要です。

ケガの補償も外せません!

続いて自分自身のケガについての補償ですが、これについても、不景気の今だからこそ十分に備えておきたいところです。

自動車による事故でケガをすると、思いのほか経済的な負担が大きくなりますので、治療費が実費で補償される人身傷害補償は外せないところでしょう。まだ付けていないという人は、自損事故や無保険の車との事故も想定して、まずは最低補償額でつけておくことを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

自動車保険の格安プランをつくってみよう!

補償内容のチェックが済んだら、いよいよ自動車保険の見直しスタートです!
まずは運転する人を確認しましょう。もし運転する人が決まっているようであれば、運転する人の範囲を限定して、適切な条件や特約を設定することで、保険料を抑えることができます。

次に車の使用条件についてみてみましょう。マイカーを通勤や通学には使用せず、週末のレジャーや近所での買い物にしか使わないということであれば、車の使用状況や年間予想走行距離などによって保険料が決まるリスク細分型の保険を選べば、保険料が格安になる可能性大です。

複数の保険会社から見積もりをゲット!

補償内容に不足がないことを確認し、運転する人や、マイカーの使用状況を把握できたらいよいよ複数の保険会社から見積もりを取ってみましょう。

自動車保険一括見積もりサービスなどを使えば、一回の入力で同時に複数の会社から見積もりを取って格安の自動車保険をくらべることができますのでとても便利です。

見積もりにあたっては、現在加入している自動車保険の保険証券と主に運転する人の運転免許証(新規で加入する場合には、車検証など車の型式がわかるもの)が必要になりますので、手元に用意しておきましょう。

見積もりの結果はメールや郵送で送られてくるのですが、届いた見積もりを比べてみるとたとえ同じ条件であっても、保険会社によって意外と保険料に差があることがわかると思います。

しかし、ここでくれぐれも保険料だけを比べて格安な自動車保険に飛びつかないように気をつけてください。
特約やサービスの内容は、保険会社によって微妙に異なっていたりしますので必要な補償にもれがないことをしっかりと確認して、ピッタリの自動車保険を選びましょう。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!格安な自動車保険会社やお安いプランについてのポイントをご紹介します。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート