告知義務について (自動車保険用語集)

告知義務【こくちぎむ】

保険会社は商品の内容を正確に説明する義務がある一方で、加入者には契約に必要な自分の情報を正確に伝える「告知義務」があります。車の種類や型式、現在の等級、運転者の年齢などが対象となります。
告知の内容により、契約条件にあてはまるか、保険料はいくらになるかなどの判断を保険会社が行います。保険会社は、このような告知により保険の公平性を保つようにしています。故意または重大な過失によって、正しく告知をしなかった場合は「告知義務違反」となり、保険会社は契約を解除することができます。

告知義務【こくちぎむ】の詳細について

上記の通り、自動車保険を組もうという加入者には、契約を行うに際して自分の情報を正確に保険会社へ申告する義務があります。保険会社はその情報をもとに保険を認めるかどうか、あるいは保険料の算出などを行うのですから、正確に行わなくてはなりません。

その対象となる事項ですが、基本的には上記にもあるように、自動車や被保険者の情報、および等級など自動車保険に関する現在の状況などが該当します。しかし、厳密にはもっと細かく、過去13か月以内の解除歴の有無や特別危険保険料率適用予告通知の有無など、聞かれてもすぐに理解できないようなものも含まれるでしょう。わからないことがあれば保険会社に聞いてもかまわないのですが、できるだけのことは事前に調べておき、すぐに伝えられるようにしておくことが望ましいでしょう。

なお、故意または重大な過失によって正しく告知をしなかった場合、契約が解除される可能性があるというのは事実です。しかし、必ずしも正しい告知をしていないと契約解除になるとは限りません。正しい告知をしていないまま保険事故が起きたとして、その告知事項と保険事故の損害に因果関係が認められなければ、保険金が支払われることもあります。もっとも、正しい告知をしていなかった時点で保険会社がどのように判断するかは難しいところです。原則として、自分の情報は正確に保険会社へ伝え、後ろめたい思いをすることなく、自動車保険を利用できるようにするべきでしょう。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

契約前の確認事項

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート