セカンドカー割引について (自動車保険用語集)

セカンドカー割引【せかんどかーわりびき】

2台目以降の車を買った時に使えるのがセカンドカー割引(複数所有新規)です。すでに契約している自動車保険の等級が11等級以上である場合、2台目の自動車保険の契約は、等級を7等級からスタートできるので、6等級からスタートするより保険料が安くなります。2台目以降の契約は1台目の保険会社と別であってもかまいません。

セカンドカー割引【せかんどかーわりびき】の詳細について

今や、1つの家族が複数の自動車を所有していても、珍しくはない時代です。そのような家庭にとって、このセカンドカー割引というものは嬉しいものでしょう。ただし、どのような自動車でも複数所持すれば適用される、というほど甘いものでもありません。
上記にもあるように、セカンドカー割引が適用されるには、自動車保険の等級が11等級以上であることが前提となります。しかし、そのほかに重要なのは割引の対象となる車の車種です。基本的には自家用車であれば普通、小型、貨物車など多くが当てはまりますが、貨物車の場合は積載量が関係するので、注意すべきでしょう。また、自家用車以外ではキャンピングカーなどの特種用途自動車が対象となります。

それと、保険会社によって細かい点が異なることもあるでしょう。たとえば自動車の所有者や記名被保険者などについてですが、保険会社によっては1台目の契約者と同じ人とは限らず、同居している配偶者や子どもなどの親族であってもいいとされます。ただし、1台目と同一であることを求めるところもあるでしょう。

また、2台目以降の契約は1代目の保険会社と別であってもかまわないとありますが、これも保険会社によって異なることもあります。さらに言えば、保険会社を変える際は、こちらからこの割引を申請しないといけないので、そこも注意したいところでしょう。もう一つ、実際に割引が適用された場合は6等級から7等級へとなるわけですが、その割合は、保険会社や自動車保険によって異なります。1割ほどの割引になるところがあれば、3割前後の割引を見せるほどお得になることもあるので、事前の確認は必須と言えます。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

保険料の割引

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート