免責について (自動車保険用語集)

免責【めんせき】

事故であれば無条件で保険金が支払われるわけではありません。事故の原因によっては保険金が支払われないことがあります。それを「免責」と言い、どういう原因が免責になっているかは補償の項目によって異なります。
自動車保険は「被害者救済」を基本に設計されているため、相手に対する賠償保険は原則、運転している人の故意でない限り支払いの対象になります。自分のケガや車の損害については故意だけでなく重大な過失(飲酒運転など)も免責になっています。

免責【めんせき】の詳細について

自動車保険における免責とは、その保険の種類、運用する保険会社によって細かな違いがあります。ただ、大まかな点では共通しているので、あらかじめ知っておきましょう。たとえば、契約者の重大な故意、過失による事故や、それによって引き起こされた傷害などは、どの自動車保険でも免責事項に該当します。無免許運転や飲酒運転、薬物を使用していたなどの犯罪行為はわかりやすいところです。

ほかにも、契約車を競技に使用していたとか、親族間の事故というのも免責にあたることが多くなります。地震や火山の噴火、台風といった自然災害による契約車の損害なども同様でしょう。ただ、対人、対物賠償責任保険や車両保険など、自動車保険のなかでも誰を対象に補償するのかによって、細かな免責条項は変わります。上記の通り、自動車保険は被害者の救済を第一義にしているので、その点は覚えておくといいでしょう。

また、車両保険に関しては免責金額を設定できる自動車保険というものがあります。これは事故を起こした際、一定の免責金額までは自分で支払い、それ以上の負担を保険会社が出すというものです。たとえば免責金額を5万円としているなら、5万円までは自分が負担し、それ以上の支払いとなると保険会社にお願いできるということになります。もちろん、免責ゼロにして万が一の際はすべて保険会社にまかせる特約を設けているところはあるでしょう。しかし、逆に免責金額を高く設定するほど、普段の保険料は安くなるので、このバランスはよく考えるべきだと言えます。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

自動車保険の仕組みに関する用語

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート