後遺障害について (自動車保険用語集)

後遺障害【こういしょうがい】

傷害を被ったことにより身体の一部を失うかまたはその機能に将来においても改善の見込みのない障害が残った状態のことをいいます。

後遺障害【こういしょうがい】の詳細について

後遺障害に似たものとして後遺症が挙げられますが、後遺障害は交通事故によって受けた傷害が一定の治療の末に残り、その存在が医学的に認められるものを指します。さらに言えば、労働能力の喪失など、その人の生活に大きな影響を与える後遺障害は程度に応じて等級認定され、傷害部分とは別に損害賠償請求の対象となるのです。

もし自分が後遺障害を伴う事故に遭った、あるいは起こしたというのであれば、その程度に応じた金額を考えないといけません。この金額は等級によって変わるのですが、自動車保険の基本と言える自賠責保険では、1級から14級までで数十万円から4000万円までの幅を見る必要があるのです。このうち、最も重い1級に認定されるのは、神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するものであるなど、相当な重症である場合になります。全体的に神経系の重い障害が高い等級として認定されやすいのですが、ほかにも、両目の失明や四肢の一部の喪失など、生活に大きな支障を来すケースも、高い行為障害として認定されるでしょう。

ただ、あくまで自賠責保険の支払限度額が最高で4000万円ということであり、被害者がもっと高額の請求を行うことは可能です。また、過去の裁判例では、自賠責保険上の行為障害等級に該当しなくても、裁判上は後遺障害として認め、損害賠償請求を認めるとしたケースもあります。このような場合も含め、自賠責保険では高額な賠償に耐えられないことが多いので、なるべく任意の自動車保険に入っておくことが重要だと言えるでしょう。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

事故関連

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート