累計走行距離について (自動車保険用語集)

累計走行距離【るいけいそうこうきょり】

ご契約の自動車が、保険契約締結時までに走行した距離の累計をいいます。その自動車について別の持ち主が以前にいた場合は、以前の持ち主の走行距離も通算されることになります。

累計走行距離【るいけいそうこうきょり】の詳細について

自動車保険を考えるにあたり、累計走行距離を気にする理由としては、リスク細分型の保険に入ろうというケースが多いでしょう。リスク細分型の自動車保険というのは、さまざまな要素からその人が事故を起こす可能性を考え、リスクが低いと判断されれば保険料が安くなるというものです。その要素の1つが累計走行距離であり、この距離が短いならリスクは低い、つまり保険料が安くなるということになります。

ちなみに、累計走行距離はどうやって判断するのかというと、自動車の運転席に装備されているオドメーターという計器でわかるのです。基本的に保険会社が調べに来るということはありませんから、事前に自分で確認しておくといいでしょう。この累計走行距離をもとに自分の年間走行距離を予測し、大まかな数字を申告すればいい、ということになります。
ただ、保険の継続手続きや事故が起きた際は、その時点の累計走行距離を確認することになるでしょう。その際、年間走行距離を過少申告していたとなると、継続希望なら今までの保険料が足りないとして追加される場合があります。当然、事故の場合は受け取れると思っていた保険金が支払われないこともあるので、十分注意しないといけません。

ただ、申告した数字を絶対遵守しないといけない、ということでもないのです。もし申告した距離より長い距離を走ってしまうようなら、すぐ保険会社へ連絡しましょう。保険料の修正が行われますが、その後の保険の運用は問題なく継続できます。走行距離は自動車保険にとって大事な要素となり得ますが、きちんと確認していれば怖いものではないのです。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

契約前の確認事項

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート