通知事項について (自動車保険用語集)

通知事項【つうちじこう】

告知事項のうち、保険期間の途中で変更が生じた場合に通知することを保険会社が求めたものです。
保険期間の途中で通知事項に変更が生じた場合、契約者および被保険者は、保険会社等にその旨をただちに通知する義務(通知義務)があります。

通知事項【つうちじこう】の詳細について

自動車保険の契約を結んだ際、その契約を結ぶうえで大事な情報となるのが告知事項です。その告知事項のなかには、保険会社から何か変更があれば遅滞なく通知するように求められているものがあります。これは条件が変わることにより危険が増加する、具体的には保険金が不足するなどの状況に陥る可能性があるためで、何かあれば通知しなくてはならない、通知義務として約款にまとめられているのです。

その通知義務に関する事項というのが通知事項ということになります。具体的には被保険自動車の用途車種、登録番号の変更が挙げられるでしょう。ほか、被保険自動車の使用目的の変更というのもあります。これらの通知を怠った場合、あとで保険金を得ようとしてもおりないことがあり、契約が解除される可能性もあるのです。ただし、通知しなかった事項と保険事故による損害の間に因果関係が認められない場合は、保険金が支払われることもあります。

また、通知事項とはされないものの、変更があれば保険会社へ連絡してほしいという点もあるのです。一例を挙げれば契約者の住所の変更、運転者の年齢条件の変更、自動車の買い替えなどがあるでしょう。ほか、被保険自動車にカーナビなどを取りつけ、その車両価額が著しく増えるようなときも、報告するのが望ましいとされます。基本的には、通知事項に含まれるかどうかにかかわらず、何かあれば随時連絡しておくのが自動車保険を安全に利用するためのコツとなるのです。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

契約中の変更や手続き

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート