改造車について (自動車保険用語集)

改造車【かいぞうしゃ】

何らかの手を加え市販状態ではない状態にされた自動車のことをいいます。(車検証の型式欄に「改(カイ)」と記載されている場合は改造車に該当します。なお改造車については、弊社自動車保険一括見積もりサービスをご利用頂くことができません。)

改造車【かいぞうしゃ】の詳細について

ひと口に改造車と言っても、どのような改造をしているのかというのは自動車によってさまざまです。大まかな分類としては、車検証の型式欄に「改」と表記された改造車と、保安基準に適合しなくなる違法改造車の2種類があります。このうち後者のほうの、定員数を超えた座席を設置するなど、自動車検査証と違う状態にしてしまっているものなどは、車検に通すことはできません。そもそも公道を走行すれば検挙の対象となるので、自動車保険も利用できないということになるのです。

一方、車検証の型式欄に「改」と表記されたものについては、構造等変更検査をパスした改造車のことであり、違法改造車と違って検挙の対象にはなりません。ただ、自動車保険に関して言えば、合法だから保険も組めるとはならないのが実状です。保険会社によっては改造車であればどんな状態であれ加入をお断りするところ、合法の改造車であれば条件付で加入を認めるところが存在します。

改造車の自動車保険への加入を認めるところでも、インターネット経由での見積もりはできなかったり、料金が割高になるなど条件を厳しく設けているケースは多いのです。

ちなみに、改造車というのはメーカー製の市販車のなかにも存在し、電気自動車やLPG自動車などでも改造車扱いとされるものがあります。こういった自動車は特種用途自動車と呼ばれ、一般にイメージされる改造車とは分類が異なりますが、法律上は改造車として扱われることになるのです。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

契約前の確認事項

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート