納得!知っておきたい予備知識

自動車保険おすすめプラン選びのポイント

保険会社のウェブサイトで自動車保険の契約手続きを進めていくと、いくつかのおすすめプランを提示されることがありますが、加入する人の条件によっては保険料にわりと大きな差があったりします。
代理店を介しての手続きであれば、目の前で一つ一つ確認しながら、アドバイスに従って選ぶこともできますが、ネット通販の場合は自力で選択する必要があります。
そこで以下、おすすめプランを選択する際に注意すべきポイントをご案内します。

対人・対物賠償保険

対人賠償保険については、ほぼ例外なく無制限がおすすめされていると思いますが、念のため対物賠償保険についても無制限になっていることを確認しておきましょう。
最近では損害賠償額が1,000万円を超えるような事故も珍しくなくなってきており、万が一設定した保険金額を超えてしまうような事故を起こしてしまうと、保険会社による示談代行サービス(事故の相手方との交渉を代行してもらえるサービス)が受けられなくなることもありますので注意が必要です。

人身傷害保険

人身傷害保険は、自動車事故によって補償の対象となる人がケガをしたり亡くなってしまったりした場合に、過失割合に関係なく、加入している保険会社から保険金額の範囲内で保険金を受け取ることができるものです。
この補償をつけておけば、単独事故や自分の過失が明らかに大きい事故、あるいは無保険の(自動車保険や自賠責保険がついていない)車を相手とする事故などに備えることができます。
これについては各社とも3,000万円程度の保険金額から設定できるようになっており、現在つけていない人に対しては、通常3,000万円の人身傷害保険を追加するおすすめプランが提示されることと思われます。

一般に事故でケガをすると、ケガの治療費はもとより、仕事を休んだことによる休業損害のことなども考慮する必要がありますので、思いのほか経済的負担が重くなるものです。
運不運によってカバーされない事故があるというのもちょっと心配ですので、つけておくことをおすすめします。(補償の範囲を被保険自動車に搭乗中の事故に限定する特約をつけることで、保険料を安くおさえることも可能です。)

なお、3,000万円から5,000万円、あるいは無制限へのグレードアップについては、それなりに保険料に影響を与えますので、現在加入している生命保険や傷害保険なども考慮に入れて、車両保険など他の補償とのバランスをみながら決めればよいと思います。
家族構成などの個別事情に応じて必要となる補償額をシミュレーションできる機能をウェブで提供する保険会社もありますので、参考にしてみてください。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

搭乗者傷害保険

人身傷害保険があれば無くてもよいのでは・・・と思われがちですが、イザというときに意外と役立つのがこの保険です。
人身傷害保険が治療費など実費を補償するのに対して、搭乗者傷害保険は定額での補償となりますが、一般的な搭乗者傷害保険ではケガの部位や症状が確定した段階で保険金の支払いを受けることができます(例えば足の骨が折れてしまった場合には30万円、頭の打撲であれば・・・などなど)ので、何かと物入りな治療の初期段階ではとても助かります。

車両保険

自分の車の損害に備える車両保険については、一番判断の分かれるところですが、よほど年式が古い車でも無いかぎり、車両保険をつけていない人には、まずはエコノミー車両保険をつけたプランがおすすめされることと思われます。
事故を起こしたことの無い人にはなかなかピンとこないと思いますが、実際に事故を起こして車を修理に出してみると、ちょっとした接触事故なのに思いのほか修理代が高額だったなんてこともままあります。
保険料とのかねあいにはなりますが、「事故があったら廃車にするよ」などとわりきっているのでなければ、できれば最低限エコノミー車両保険はつけておきたいものです。(免責金額を高めに設定できるようであれば、保険料をさらにおさえることもできます)

ここでエコノミー車両保険をつけている人には、ほぼ例外なく一般車両保険へのグレードアップがおすすめされることになると思いますが、「保険料が高いから・・・」とあきらめる前にチェックしておくべきポイントがあります。
車両保険にはいくつかの特約が用意されているのですが、例えば事故で車が修理工場に入っている間のレンタカー費用などについては、加入している保険会社の指定工場に入庫すれば代車がサービスされることもありますので、このような場合、イザというときには近くの指定工場を利用するということであれば特約で備える必要はないかもしれません。
その他いろいろな特約がついているようであれば、本当に必要かどうかよく検討して、不要なものを外したうえで、あらためて一般車両保険で見積もってみることをおすすめします。もしかすると手が届く金額になるかもしれませんよ。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!自動車保険のおすすめプランの選び方についてご紹介します。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート