納得!知っておきたい予備知識

車両保険で示談をスムーズに!

過失割合で揉めるケースがほとんど

単独事故はもちろん、相手がいる事故になるとより複雑で面倒なことが多くなるものです。事故当事者は客観的に事故を見れる状況ではないため、自分が思っていることが必ずしも相手が思っていることと一致するとは限りません。そのため相手のある事故では揉めることが多いのが現状です。

その原因の多くが「過失割合」の判断です。過失割合とは事故の責任割合のことで、事故状況から過去の例を基準に、30:70といった具合に決められます。

過失割合は保険会社の事故担当者の判断だけで決めるのではなく、判例タイムズ社が出版している「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という冊子が用いられたりします。保険会社の担当者はこの冊子にある過去の事例を参考にして相手と交渉するわけです。

車両保険に入っていると示談がスムーズに済むことも

事故当事者の立場では事故の状況について言い分が異なることがほとんどです。特に車両の損害については揉めることが多く、少しでも自己負担を減らしたい、保険をできるだけ使わないで済むようにしたいなどとやっきになってしまい、それが示談を長引かせる大きな要因になることがあります。

そんな時に役に立つのが車両保険です。車両保険に加入していると、相手に対する賠償で保険を使うのであれば、ついでに車両保険を使っても下がる等級は同じであり、過失割合による車両損害の負担で神経質になる必要はありません。車両保険に加入していることによって示談がスムーズに進むケースがあることを覚えておきましょう。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート