納得!知っておきたい予備知識

人の車を運転して事故になった場合にも保険は使える?

他車運転危険担保特約で補償される

友人同士でドライブに出かけるときに運転を交代したり、友人の車を借りたりするなど、他人名義の車を運転中に事故を起こしてしまった場合にも、自動車保険は使えるのでしょうか?

そんな時に役に立つのが「他車運転危険担保特約」で、これは自動車保険に加入すると自動的に付いてきます。この特約は、自分(同居の親族含む)の名義でない車を一時的に借りて運転し事故を起こした場合、借りた車を自分の車とみなして自分の自動車保険が使えるというものです。

ただし借りた車が、自分が役員になっている会社の車であったり、他人名義であっても自由に使える状態での事故などは、支払いの対象外になる場合もあるため注意してください。

車両の損害は補償されない契約もある

「他車運転危険担保特約」は、対人賠償、対物賠償、自損事故傷害が基本で、自分が加入している自動車保険の補償が適用されます。
ただし、借りた車の損害については自分の契約内容や保険会社によっては補償されない場合があります。他人名義の車を運転する可能性がある時には、補償内容を一度保険会社に確認しておきましょう。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート