納得!知っておきたい予備知識

運転する人の範囲を決める

運転する人に関する条件は、自動車保険を契約するにあたって、最も気を付けなければいけない要素のひとつです。
運転する人の範囲によって保険料が大きく違ってきますし、万が一、設定した範囲に入らない人が運転して事故を起こすと保険金の支払いを受けられないなんてことも・・・

運転する人の情報はとても重要です

自動車保険の保険料は、リスクの程度に応じて決められる仕組みになっています。
そして、誰が運転するのかということは、リスクの程度をはかる際には極めて大きな要素です。
したがって自動車保険の契約時には、運転する人についての情報が、最も重要なポイントの一つとなります。

特に運転する人の範囲や年齢に関する条件については、契約時に設定した条件に合わない人が運転して事故にあったりすると、一部の例外をのぞき、保険金の支払いを受けることができなくなりますので、注意が必要です。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

運転する人の範囲とは

運転する人の範囲については、補償の対象を本人とその家族に限定することで一定の保険料が割り引かれる「家族限定」に加えて、「本人・配偶者限定(夫婦限定)」や「本人限定」など、運転する人の範囲をより限定する契約が一般化しつつあります。

ちなみに、ここで本人というのは、自動車保険の対象となる車を主に運転する人のことをいい、保険契約上の「記名被保険者」を指します。
保険を契約する人(保険契約者)と記名被保険者は同じ人物であることが多いのですが、契約時に別の人を指定した場合には、その人を中心に運転する人の範囲を決定することになります。

なお、保険契約上の家族の範囲は、保険会社によって若干異なりますが、おおむね以下のように定められています。(記名被保険者本人を除きます)

・配偶者
・記名被保険者またはその配偶者の同居の子および同居の親族
・記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート