解決!自動車保険の基礎知識

「車両保険」は火災や洪水でも補償されます

「車両保険」の2つのタイプ

事故で自分の車が壊れた時に利用できるのが「車両保険」です。
車両保険は任意で入るか入らないか決めることができます。車両保険にはフルカバータイプとエコノミータイプの2種類がありますが、フルカバータイプの方が補償内容の範囲が広いため保険料は高くなります。

フルカバータイプとエコノミータイプの補償内容の違い
  フルカバータイプ エコノミータイプ
車と車の衝突
自動車以外の他物との衝突 ×
当て逃げ ×(※)
転覆・墜落 ×
火災・爆発
盗難
台風・洪水・高潮
窓ガラス破損・いたずら・落書き
※一部の商品では補償の対象になることがあります

車両保険の保険金額の決め方

この車両保険の保険金額は、型式・年式・グレードによって「自動車保険の車両標準価格表」で設定できる金額が決まっているので、自分で好きな金額で加入することはできません。ただし、その金額にはある程度の幅があるので、その範囲内では好きな金額で加入することができます。車両価格表に載っている価格は、現在から過去8年までの間に新車登録された車の価格ですので、それより古い車になると、中古車相場の金額が参考価格になります。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート