解決!自動車保険の基礎知識

自動車保険の大切な2つの補償を知っていますか?

2つの基本補償は相手に対する補償です

自動車保険で最も重要で基本となる補償内容は次の2つの補償です。

自動車保険の2つの基本補償
  対人賠償責任保険 対物賠償責任保険
どんな時にでる? 事故で他人を死傷させて、保険金の支払いが自賠責保険の限度額を超えた時 事故で他人の車や物を壊した時
補償内容は? 治療費、通院交通費、休業損害、逸失利益など 相手の車の修理代、代車費用、その他物損の修理費用

「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」はいずれも相手に対する補償です。どの保険会社もこの2つは基本補償となっています。

「対人賠償責任保険」とは

「対人賠償責任保険」は、事故で人にケガをさせたり死亡させたりした場合に支払われる保険で、自賠責保険の補償の限度額を超えた分について支払われます。もし事故が起こった場合は賠償額が数億円になるケースもあるので、保険金額は無制限で加入するのが一般的です。

「対物賠償責任保険」とは

「対物賠償責任保険」は、事故で相手の車や物を壊してしまった場合に支払われる保険です。代車の費用や車に積んであった物、道路の標識やガードレール、家なども支払いの対象になります。高級車相手の事故だけでなく、家や店舗に衝突した場合などでも高額な賠償になるケースもあるので対人賠償責任保険同様、無制限で加入するのが一般的です。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート