自動車保険の基礎知識

相手方に対する賠償(対物賠償責任保険)

対物賠償責任保険も必須アイテム

対物賠償責任保険は、事故によって相手の物を壊してしまった場合に備えるための保険です。事故により“他人”の車や物を壊してしまい、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。また物自体の損害に加えて、代車費用や休業損害など事故が原因でかかった費用や失われた利益などの補償も対物賠償責任保険で支払われます。対人賠償責任保険同様、自動車保険では必須のアイテムです。

ここでいう“他人”には兄弟姉妹は含まれますが、父母・配偶者・子などは含まれません。例えば自宅で車庫入れの際に、家族が所有する別の車にぶつけてしまうなどすると、対物賠償責任保険の支払い受けることができません。

こんな時には保険金が支払われないので注意!

対人賠償責任保険同様に、家族間の対物賠償事故は保険金が支払われないことになっています。

  • ・記名被保険者自身が所有するもの
  • ・被保険自動車の運転者、またはその父母、配偶者、子が所有するもの
  • ・被保険者の父母、配偶者、子が所有するもの
記名被保険者は契約時に決めた主に運転する人、被保険者は運転する人、被保険自動車は契約した車、と覚えておけばよいでしょう。また、配偶者は内縁、子は養子を含みます。そして、父母は実父母または養父母で、義父母は含みません。

また対人賠償責任保険同様、以下のような場合にも保険金が支払われないことになっています。

  • ・保険契約者や記名被保険者の故意
  • ・戦争・内乱・暴動等による損害
  • ・地震・噴火・津波による損害
  • ・台風・洪水・高潮による損害
  • ・核燃料物質に汚染された物質等に起因する損害
  • ・競技・曲技参加中(練習を含む)や試験走行中、競技等を目的とする場所での損害

直接損害と間接損害

特に対物賠償では、「間接損害」について意識しておく必要があります。
これは物が壊れたことによって間接的に発生する損害で、具体的にはバスやタクシーが事故で使用できなくなった場合や、商店が損壊したことにより営業が継続できなくなった場合などに、本来であれば得られたはずの利益が失われてしまったことによる損害のことをいいます。この得られたはずの利益も損害賠償の対象となり、対物賠償責任保険で補償されます。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

対物賠償責任保険もやっぱり「無制限」で

対人賠償責任保険の保険金額を「無制限」とするのがあたりまえになっていますが、対物賠償責任保険の補償についてはどうすればよいでしょうか?

多重衝突事故や高級車相手の事故だけでなく、家や店舗に衝突したりするなど、高額な賠償になるケースもあります。以前は1,000万円あたりが平均的な選択肢だったのですが、交通事故損害賠償の高額化の流れを受けて無制限の保険金額を選択できるようになってからは、ほとんどの人が無制限を選ぶようになっています。無制限といわれてもなかなかピンとこないかもしれませんが、近年信号機の修理代や、トラックの積荷の損害などで1,000万円を超えてしまうような事例も珍しくなくなってきています。
高額な対人・対物賠償事故は他人事ではありません | ガッチガチ自動車コラム

史上最大の対物事故とも言われている、2008年8月に首都高速道路で発生したガソリンを積んでいたタンクローリー横転事故では、炎上による道路設備や近隣のマンション等の被害総額は何十億円とも言われています(賠償額は未確定)。

もしも、この事故が乗用車との接触が原因で横転したとすると、その乗用車の運転手に多少なりとも過失があれば、共同不法行為(民法719条1項)となり100%の責任を負わなければならなくなります。そうすると、何十億円という金額を乗用車の運転手は賠償しなければならなくなります。つまり、これくらいの事故は想定されるということです。

このように、対人事故以上の賠償額になることも想定できるということは、やはり対物賠償責任保険も「無制限」で加入することが望ましいといえます。対物賠償責任保険の保険料は、保険金額が1,000万円であっても「無制限」であっても、実はあまり大きな差はありません。ここはケチらずに「無制限」を選んでおきましょう。

実は保険料をケチってはいけないもうひとつの大きな理由があります。自動車保険に加入する目的として、経済的な補償が重要なのはいうまでもありませんが、対人賠償責任保険と同様に、相手方との交渉つまり「示談」を代行してもらえるというのも大切な要素のひとつです。意外と知られていないのですが、このサービスは「相手方への損害賠償の額が保険金額の範囲内におさまる限りにおいて」利用できるサービスです。
このことは裏を返せば、損害賠償の額が保険金額を超えてしまうような場合には、相手方との交渉を保険会社にお願いすることができず、自分で示談交渉を行わなければならないこともありうるということを意味しています。

対物賠償責任保険にオススメの特約

対物賠償責任保険とあわせて検討したいのが「対物超過修理費用補償特約」です。事故で相手の物を壊してしまった場合、その補償は基本的に修理費用となりますが、それがその物の時価を超えてしまう場合があります。例えば、事故の相手の自動車が年式の古い車だった場合、相手の車の時価額が20万円、一方で修理費は50万円かかってしまう。なんてこともあります。このように修理費用が時価額を超えてしまう場合を『全損』と言いますが、賠償責任は時価額と決まっていますので、修理費が不足してしまいます。相手にしてみれば時価額を超える修理費用を賠償して欲しいというのが本望でしょう。法律上の責任はないのですが、こういったケースでは現実的にはよくトラブルになります。
そんな時に「対物超過修理費用補償特約」が役立ちます。相手の自動車の修理費用が時価額を超えた場合、超えた分を50万円まで補償してくれます。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート