自動車保険の基礎知識

自動車保険の等級制度(ノンフリート等級)

自動車保険の保険料に大きな影響を与える要因のひとつに「等級」というものがありますが、これってどんなものなのでしょうか?

ノンフリート等級とは

自動車保険に加入している車の数が9台以下の契約のことをノンフリート契約といいます。ノンフリート契約では、個別の契約ごとに1から20等級(一部保険会社等では22等級)までの等級とそれに対応する保険料の割引率または割増率が割り当てられており、新規に自動車保険に加入する場合には6等級からスタートすることになっています。(一定の条件に該当する2台目以降の自動車は7等級からスタートすることがあります。)

保険加入時に適用される等級は、これまでに加入していた自動車保険の有無や適用されていた等級、そして過去一定の期間に生じた保険金支払い対象となる事故の件数等によって決定されます。

等級が上がるほど割引率も上がります

この等級は原則として1年間事故が無ければ次年度の契約で現在の等級から1等級アップし、事故があった場合には3等級ダウンします。例えば新規に6等級で自動車保険に加入して、1年間事故が無ければ次年度の等級は7等級となり、万が一事故にあってしまった場合には、次年度の等級は3等級となります。(ただし、一定の場合にはカウントされないか、または1等級ダウンとなる事故もあります。)

そしてノンフリート契約では、基本的に同じ条件であれば等級が上がるほど保険料の割引率が上がる仕組みになっており、このような制度のことをノンフリート等級別料率制度といいます。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

保険を使わなければ等級は下がらない?

ところで、自動車保険の等級は、事故の有無に応じて決まるとお話しましたが、正確には事故で保険を使ったか否かによって決まることとされています。つまり事故にあってしまったとしても、保険金を請求しなければ等級は下がらないということになります。

例えば、ちょっとこすってしまったという程度の事故であれば、保険を使うことによって生じる翌年度以降の保険料の負担増を考えれば、保険を使わずに自分で修理代を払ってしまった方が良いという判断もありえますので、このような場合には、まずは保険会社に相談してみることをおすすめします。

等級制度に関して

2012年に等級制度が改定されます。

近年の統計により、前契約で事故を起こした契約者(事故有契約者)は、前契約で事故を起こさなかった契約者(事故無契約者)よりも事故率が高く、本来であれば、事故有契約者が負担するべき保険料を事故無契約者が負担してしまっている状況が浮き彫りになってきました。

2012年の等級制度改定では、今までの「ノンフリート等級」とは別に「事故有係数適用期間」を設けて契約者の事故実績を管理し、保険料の割引・割増に加味する事になりました。

事故有係数適用期間についてはこちら>>

2012年の等級改定の実施時期は保険会社により前後します。
各保険会社の実施時期については各社ホームページにてご確認ください。

あなたの自動車保険料を簡単見積もり、楽天の自動車保険一括見積もりサービスをクリック!
楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!自動車保険の等級制度(ノンフリート等級)についてご紹介します。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート