自動車保険の基礎知識

相手方への補償(自賠責保険)

一般に自動車保険といえば任意保険のことをいいますが、これについては読んで字のごとく、保険に入りたい人が自由意志で加入するものです。
一方で車の保有者または運転者にとって、「知らなかった」では済まされないのが強制保険とも呼ばれる自賠責保険です。

自賠責保険とは

自賠責保険は、正式名称を自動車損害賠償責任保険といいますが、この保険は「自動車損害賠償保障法(以下自賠法)」という法律に基づいて、ごく一部の例外を除く全ての自動車について加入が義務付けられています。

一般の自動車は、車検の時に自賠責保険に加入していないと車検を受けることができないため、実際は車検の時に加入することになります。一方、車検のない原付などでは、加入漏れとなってしまうこともあるので要注意です。任意保険に加入していても自賠責保険に加入していなければ、自賠責保険の補償部分は任意保険では補償されません。もしも、任意保険には加入していても自賠責保険に加入しないで死亡事故を起こしてしまったら、自賠責保険の限度額3,000万円までは加害者が負担しなければならないことになってしまいます。

ちなみに自賠責保険に未加入の自動車で道路を走行すると、法律によって以下のペナルティが科されることになります。

・1年以下の懲役または50万円以下の罰金
・免許停止処分(違反点数6点)

この法律は、自動車事故加害者の支払い能力にかかわらず被害者に一定の保障を確保することを目的としており、加害者は自分に責任が無いことを立証できない限り(非常に困難です)、その責任を免れることはできないことになっています。

賠償責任を負うのは『運行供用者』といって、“自動車の運行を支配し利益を享受する者”とされています(自賠法3条)。『運行供用者』の明確な規定はなく解釈となりますが、例えばマイカー通勤中の人身事故では、運転している人を雇っている企業が“運行共用者”として賠償責任を負う可能性もあります。

ところで自賠責保険では、自動車を運行中に他人にケガをさせたり、死亡させたりした場合の対人賠償事故が補償されることとされていますが、ここでいう「他人」は車の保有者やその運転者以外の者を指しますので、運転者の父母や子供あるいは配偶者なども含まれる可能性があります。(家族なのに他人とはちょっと変ですね) 

自賠責保険の補償額は?

こういった特徴がある自賠責保険ですが、支払われる保険金の限度額は以下のようになっています。

支払われる保険金の限度額
補償される損害の範囲 支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害 治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料 最高120万円
後遺障害による損害 逸失利益、慰謝料等 ■神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
  • ・常時介護:最高4,000万円(第1級)
  • ・随時介護:最高3,000万円(第2級)
■上記以外の場合、後遺障害の程度により
最高3,000万円(第1級)~最高75万円(第14級)
死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族) 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害 治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料 最高120万円

ケガの治療費等が最高120万円、後遺障害の場合でも最高4,000万円と、補償内容がちょっと心もとない気がしませんか?(人身事故の場合、損害賠償の額が5億円を超えるケースも存在します!)そこでその不足分を補うために登場するのが、任意保険としての対人賠償責任保険です。
高額な対人・対物賠償事故は他人事ではありません | ガッチガチ自動車コラム

加えて自賠責保険では、事故の相手方との示談交渉も保険会社に代行してもらえませんので、任意保険に加入していない場合は当事者同士で示談しなければならなくなってしまいます。示談交渉には相当の時間と法的な知識や面倒な手続きが要求されます。事故の当事者となると精神的なダメージも大きく、自ら相手方と示談交渉を進めるのはとても困難なことです。この点についても保険会社に示談代行してもらえる任意保険に加入していれば安心です。

自賠責保険の注意点

自賠責保険では任意保険のように、事故の形態による損害の過失相殺はありません。ただし、被害者に重大な過失(70%以上の過失)があった場合には、以下の表の通り被害者の過失割合に応じて損害額から減額されることになっています。

被害者の過失割合 補償の減額割合
ケガの場合 死亡または、後遺障害の場合
70%未満 減額なし 減額なし
70%以上80%未満   20%減額 20%減額
80%以上90%未満 30%減額
90%以上100%未満 50%減額
100% 補償されません

例えばケガの場合で20%の減額が適用される場合には、補償限度額である120万円から20%減となって96万円ということになります。また、被害者に一方的な過失(100%の過失)がある場合には補償されません。

ところで自賠責保険の限度額ですが、大きなケガをしてある程度治療日数がかかるような場合には治療費がかさみますし、慰謝料は治療日数で算出するため、あっという間にケガの限度額120万円に達してしまうことがあります。よって費用がかさむ自由診療ではなく、健康保険を使った保険診療で治療することをオススメします。もちろん、任意保険に加入していれば自賠責保険の限度額を超えても補償されますが、被害者の過失が大きい場合には、任意保険の支払いでは減額される場合もあるからです。
ちなみに交通事故では健康保険は使えないなどという病院もあるようですが、業務中の事故でない限り交通事故によるケガは健康保険で治療できることになっています。この場合、『第三者の加害行為による傷病届』を健康保険組合等に出す必要があります。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート