自動車保険の基礎知識

自損事故傷害特約も無保険車傷害特約も人身傷害補償保険がカバー

次に紹介する自損事故傷害保険及び無保険車傷害保険は、ずっと以前から存在する保険で、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険と同様、自動車事故で死傷した場合に支払われる傷害保険です。しかし、人身傷害補償保険誕生後は、人身傷害補償保険でカバーできる部分については人身傷害補償保険から優先的に支払われる仕組みになっているので、人身傷害補償保険に加入していない場合や補償額が不足する場合など以外には出番が少ない保険(特約)となっています。

自損事故傷害特約とは?

自損事故傷害特約(自損事故傷害保険)は、名前に特約と付いてはいますが、自動車保険が自由化されて様々な商品が登場する以前から、基本補償である対人賠償責任保険に自動的に付いていた補償です。
これは相手方のいない単独事故(例えばガードレールに衝突するなど)で被保険自動車に搭乗中の人が死傷して(1)自賠責保険の支払いを受けることができず、かつ(2)人身傷害補償保険も支払われない場合に保険金が支払われるものです。(人身傷害補償保険が登場する以前は②の要件はありませんでした。通常は人身傷害補償保険に加入した場合には自損事故傷害特約は付かない仕組みになっています。
補償内容は以下の通りです。

保険金の種類 補償内容
死亡保険金 1名につき1,500万円
後遺障害保険金 1名につきその障害の程度に応じて50~2,000万円
医療保険金 1名1日につき入院6,000円、通院4,000円
※1回の事故につき、1名あたり合計で100万円が限度
介護費用保険金 所定の重度障害が発生し介護を必要とする場合に1名につき200万円

無保険車事故傷害特約とは?

無保険車傷害特約についても、自損事故傷害特約と同様に、もともと対人賠償責任保険に自動的に付いていた補償です。被保険自動車に搭乗中の人などが、他の自動車との事故により死亡または後遺障害を負った場合で相手方が不明もしくは無保険(保険に入っているけど補償が不十分な場合を含む)などの事情により、満足な賠償を受けることができない時場合に保険金が支払われます。 加害者が負担すべき損害賠償金額から、相手方の自賠責保険や対人賠償責任保険から支払われる保険金を差し引いた額が支払われます(保険金額(通常2億円)が限度)。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート