自動車保険の基礎知識

人身傷害補償保険とは?

人身傷害補償保険は、自動車事故で死傷した場合に支払われる傷害保険です。入院一日いくらとか、死亡したらいくら、といった支払われ方ではなく、“過失割合に関係なく実際の損害分”が契約した保険金額の範囲内で支払われます。実際の損害をしっかりカバーできるだけでなく、過失割合がなかなか決まらないような場合や、相手方が無保険で補償してもらえないような場合にも自分が加入している保険会社に先に支払ってもらえます。自分の過失が大きいケースや過失割合がはっきりしないケースでは安心です。

人身傷害補償保険・保険金の支払われ方

また、車外にいる家族を誤ってひいてしまったというような事故では、対人賠償責任保険では補償されません。そんな時、人身傷害補償保険で「搭乗中以外も補償」する条件で加入していれば補償されます。

補償の対象になるシーンは選べる

被保険自動車(補償の対象となる自動車のこと)に搭乗中の事故のみ補償されるといった制限を付けたり、他の自動車に搭乗中の場合や、歩行中に自動車に接触した場合にも補償されるようにしたりすることができます。なかには自転車で転んだ場合や駅の(改札内)階段で転んだ場合などにも補償の範囲が拡大できる商品もあります。

搭乗中以外の補償は、一家に複数の自動車がある場合、どれか一台に付いていれば、家族全員が補償の対象となります。よって、一台だけを搭乗中以外も補償する内容にしておけば十分です。その場合、親の契約に付けておくのが無難でしょう。ちなみに、搭乗中以外の補償は歩行中だけでなく他の自動車に乗車中の場合も含みますが、この“他の自動車”には同じ家庭の他の自動車は含みませんので注意してください。

家族の車 搭乗中以外の補償 契約の車に乗車中 自分や家族が他の車に乗車中 自分や家族が歩行中
一台目 あり
二台目以降 なし × ×

×は一台目に加入していれば補償されるので一台目だけに「搭乗中以外の補償」を付けておけばよい

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

どんな損害が補償される?

実際の損害が補償されますが、その損害とは治療費だけではなく、ケガや後遺障害あるいは死亡を原因とした、休業損害、精神的損害、逸失利益、葬祭費など、対人賠償責任保険で補償される内容とほぼ同様になります。これらについて契約時にあらかじめ設定した保険金額を限度に、契約している保険会社によって認定された金額が支払われることになっています。

それでは保険金額はいくらにしておけば良いでしょうか?一般的に各社とも、最低3,000万円から最高無制限の保険金額を設定することができるようです。自分や家族のための補償だと考えたら、できることなら無制限に設定しておきたいところですが、無制限にするとそれなりに保険料の負担が大きくなってしまいます。

よって、自分や家族の補償という視点で考えれば、生命保険や共済等の死亡保険や医療保険にも加入していると思いますので、それらも勘案して人身傷害補償保険の保険金額を検討すると効率的です。最も怖いケースは、後遺症が生涯に渡って長引いた時です。死亡保険や医療保険では到底カバーできない金額になることもあります。まずは最低限の3,000万円から検討してみて、保険料が許せば5,000万円で加入しておけば安心でしょう。

人身傷害補償保険が今や必須の補償となったワケは?

人身傷害補償保険(人身傷害特約)は1998年に発売された、まだそれほど歴史の長くない商品です。人身傷害補償保険が発売される以前は、単独事故や自分の過失が大きい場合など、相手からの補償が期待できない事故では、搭乗者傷害保険をはじめとする定額タイプの保険で備えるしか手段が無く、大きな損害の場合には十分な補償が得られないことがありました。

また、配偶者や親子などの家族がマイカーの事故によってケガをした場合は、マイカーの対人賠償責任保険では補償されません。これらのような場合であっても治療費や休業損害や慰謝料などの心配をしなくても済むようにと開発されたのが人身傷害補償保険です。

発売当初はどちらかといえばオプション的な位置付けでしたが、現在では各社ほとんどの保険会社において自動車保険の基本補償として組み込まれ、自動車保険における傷害保険の主流となっています。

過失割合と損害賠償

ところで単独事故についてはあらためて説明するまでもないと思いますが、なぜ自らの過失が大きい事故では満足な補償を受けることができないのでしょうか?相手のある事故の場合では、信号待ちで停まっている車に追突してしまったなどの特殊な場合を除いては、どちらかが一方的に悪い(100%の過失)というケースはむしろ珍しく、出会い頭の事故のようにお互いに過失が発生する事故が多いのです。このような場合には、事故の当事者同士で、お互いの過失割合(どちらがどれだけ悪いかの割合)について話し合いで決める必要があります。(通常はお互いが加入している保険会社同士で話し合われ決定されます。)

過失の割合が「100対0」とか「80対20」とかいう話を耳にしたことがあるかもしれませんが、このような話の根本には、事故を起こして他人に対する損害賠償責任を負ったとしても「法律上の賠償責任を負う限りにおいて補償すれば足りる」という考え方が存在しています。つまり「どちらがどれだけ悪いかの割合を決めて、自分が悪かった分についてだけ相手に対して補償すれば良い」ということになります。言い換えれば、ケガをした人自身の過失分については補償しなくて良いということです。不幸にも自らの過失が大きかったと認定されて、事故の相手方からの補償が大幅に減額されるようなことになれば、治療費等の足りない分については自分でカバーしなければならないことになります。だからこそ人身傷害補償保険が必須なのです。

もしも、この事故が乗用車との接触が原因で横転したとすると、その乗用車の運転手に多少なりとも過失があれば、共同不法行為(民法719条1項)となり100%の責任を負わなければならなくなります。そうすると、何十億円という金額を乗用車の運転手は賠償しなければならなくなります。つまり、これくらいの事故は想定されるということです。

このように、対人事故以上の賠償額になることも想定できるということは、やはり対物賠償責任保険も「無制限」で加入することが望ましいといえます。対物賠償責任保険の保険料は、保険金額が1,000万円であっても「無制限」であっても、実はあまり大きな差はありません。ここはケチらずに「無制限」を選んでおきましょう。

実は保険料をケチってはいけないもうひとつの大きな理由があります。自動車保険に加入する目的として、経済的な補償が重要なのはいうまでもありませんが、対人賠償責任保険と同様に、相手方との交渉つまり「示談」を代行してもらえるというのも大切な要素のひとつです。意外と知られていないのですが、このサービスは「相手方への損害賠償の額が保険金額の範囲内におさまる限りにおいて」利用できるサービスです。
このことは裏を返せば、損害賠償の額が保険金額を超えてしまうような場合には、相手方との交渉を保険会社にお願いすることができず、自分で示談交渉を行わなければならないこともありうるということを意味しています。

こんな時には保険金が支払われません

万能である人身傷害補償保険であっても、どんな場合にでも補償されるというわけではありません。人身傷害補償保険では、次のような場合には保険金が支払われませんので目を通しておいてください。

  • 被保険者や保険金受取人の故意または重大な過失によって生じた損害
  • 無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等使用中の運転により、運転者本人に生じた損害
  • 正当な権利を有する者の承諾を得ないで被保険自動車に搭乗中に生じた損害
  • 被保険者の闘争行為、自殺行為、犯罪行為によって、その本人に生じた損害
  • 競技・曲技のために使用、または競技・曲技を行うことを目的とする場所で搭乗中に
  • 生じた損害
  • 異常かつ危険派の方法で搭乗中に生じた損害
  • 戦争、外国の武力行使、革命、暴動、核燃料物質等によって生じた損害
  • 地震、噴火、津波による損害など

対人賠償責任保険では、無免許運転や飲酒運転でも被害者保護の観点から被害者のケガは補償されますが、人身傷害補償保険ではそうはいきません。重大な過失による損害は補償されないことになっています。また、天変地異、レース、違法行為などの事故でケガをした場合にも保険金は支払われません。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート