自動車保険選びのポイント

同じ条件で比較しよう

自動車保険は普段の買い物と異なり比較検討する基準がつかみにくいものです。
その分どうしても保険料やロードサービスなど、見て分かりやすいものだけで比較してしまう傾向があります。正確に比較するためには補償内容や条件をそろえることからはじめましょう。

一括見積もりサイトをうまく利用するには

自動車保険一括見積もりサービスを利用すると、メールや郵便で複数の保険会社から一斉に見積もりが送られてきます。ここで届いた見積もりをみてみると、どうしてもまっさきに保険料が目に入りますので、パッとみて一番安い会社を選んでしまいそうになりますが、ちょっと待ってください。それぞれの保険会社から送られてくる見積もりは、同じ条件で算出されているとはかぎりません。

口コミ情報(評判)は注意して利用

口コミ情報(評判)はインターネットでの情報収集には欠かせない要素となりつつありますが、保険商品についても同様にすでに加入している人によって提供される口コミは貴重な情報源のひとつです。

保険会社選びのポイント1:自分の基準を持って選んでみよう

ダイレクト型の保険会社は対面販売ではないため、日常的にWEBサイトやテレビCMで各社商品の魅力や特長をアピールしています。保険会社や、保険商品を選ぶ際には、こうしたWEBサイトやテレビCMの広告を注意深く見ることで、その会社が得意とする補償・サービスやその商品が意識しているターゲットを知ることができ、自分に合った保険会社、や保険商品を見つける手掛かりになるかもしれません。

ポイントその2:自動車保険のここに着目してみよう

「商品設計」「年間走行距離」「地域」「使用目的」「年齢条件」「特約の違い」について着目してみよう。

たくさんある自動車保険の種類を解説

車の保険は、自賠責保険(強制保険)と自動車保険(任意保険)の2種類に大別できます。

どこで入る?自動車保険 ~代理店で入る場合

代理店型の自動車保険に加入する場合、もしかすると「どの保険会社に加入するか」よりも重要かもしれないのが「どこで加入するか」というポイントです。以下自動車保険に加入する際の代表的な経路についてご案内します。

郵便局でも入れます

自動車保険の取り扱いについては、当初は首都圏(埼玉、東京、神奈川、千葉)の一部郵便局でひっそりとスタートしていましたが、2012年8月1日現在では全国1,241の郵便局で扱われています。

車の保険にネットで入るメリットとは?

テレビのコマーシャルなどで、すっかりおなじみとなった通販型の自動車保険ですが、実際に体験したという人はまだまだ少数派です。保険料が安いと聞いて気になってはいるんだけどなかなか踏み切れないという人のために、車の保険にネットで入るメリットについてご案内します。

自動車保険の保険料を調べるには

自動車保険の相場が知りたいときは、まず保険会社のウェブサイトをつかってみましょう。最近ではほとんどの保険会社が自社のウェブサイトで保険料の見積もりサービスを提供しています。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート