ダイレクト型自動車保険って?

どうなの?ダイレクト型の事故対応

最近は、インターネットで加入できるいわゆるダイレクト型の自動車保険が普及してきました。
このダイレクト型の自動車保険の特徴はどういったものでしょうか?

サービス拠点は多いほど安心?

効率的な事業運営によって安い保険料を実現しているダイレクト型保険会社。代理店型の国内大手保険会社と比べると、サービス拠点の数などの点では依然として大きな差があるように見えますが、やはり保険料が安い分サービスも割り切っているのでしょうか?

 

事故対応を行うサービス拠点の数については、長年営業を続けている大手の保険会社に軍配が上がるのは事実ですが、実は自動車保険の事故対応において拠点数が与える影響はそれほど大きくありません。「事故があったら保険会社の担当者が現場にかけつけてくれる」と考えている方が多いようですが、残念ながら実際の事故に遭遇するとその期待はみごとに裏切られることになります。

 

そもそも事故現場に保険会社の担当者がかけつけてきたとしても、現場には活躍の機会はほとんどありません。事故を起こしたドライバーがすることといえば、「周囲の安全の確保」や「ケガ人の救護」、あるいは「警察への連絡」などが優先され、事故の相手方への対応は後日あらためて行うというのが一般的です。まれに営業マンがかけつけてくれることがあるかもしれませんが、「そばにいてくれて心強い」という以上のことは期待できないでしょう。

 

また単純に「拠点数」で比べるのが正しいかどうかについても考える必要があります。保険会社が公表しているデータのみで比較するのは難しいかもしれませんが、「顧客一人あたりの事故対応担当者の数」でみれば、もしかするとダイレクト型のほうが充実している可能性もあります。

ダイレクトならではのサービスも

さらに、ダイレクト型の保険会社にはダイレクトならではのサービスが用意されています。もともと電話やインターネットで契約の手続きを行う保険会社ということもあって、事故の相手方との交渉の状況をウェブサイトで確認できるのはもちろんのこと、専任の担当者とチャットでやりとりができるなど、忙しい人にはとてもありがたい機能が提供されていたりします。保険会社選びで迷ったら、提供されている機能でくらべてみるのもよいでしょう。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いい たします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート