ダイレクト型自動車保険って?

ダイレクト型と代理店型、あなたならどちらを選ぶ?

保険料節約が第一ならダイレクト型

お財布の中身と相談してみると、保険料の違いは大きな問題です。

実際、契約者の条件によっては大手損保とダイレクト型では年間保険料で数万円も差がでるのは当たり前です。ロードサービスや細かい条件をまったく同一にして比較することはできませんが、自動車保険の最低限の機能を前提に比較してもこれだけの違いがでます。一にも二にもまずは保険料節約!という人はダイレクト型自動車保険が向いているかもしれません。ただし、ダイレクト型自動車保険の場合、バイクや改造車、高級車、貨物自動車など契約できない車両がある保険会社もありますので確認が必要です。

補償内容については、基本的に違いはありません。また、ロードサービスについては各社特徴的ですが、充実感に関してはダイレクト型に軍配があがるでしょう。

フォローを希望するのなら代理店型

大手損保とダイレクト型の一番の違いは「代理店」が介在するかどうかです。代理店の中には事故対応の時にアドバイスやフォローを親身に行ってくれる代理店もあります。サービスセンターの人とのやりとりを一人で行うのは不安という人は代理店型が適当です。

一方、代理店のフォローが必要ないという人であればダイレクト型も選択肢に入ります。結局のところ自分が安心できる程度がどれくらいかということになります。代理店という存在が見えなくても会社のWEBサイトの情報だけで安心できる人であるならダイレクト型でも何の不足もありません。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いい たします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート