ガッチガチ自動車コラム

自動車保険の保険料、走行距離と使用目的は影響大?

たくさん走るドライバーは走行距離が関係ない方がおトク?

インターネットで自動車保険の見積もりをした時“年間走行距離”を入力しませんでしたか?年間走行距離は年齢条件や免許の色などと同じように、保険料を計算するための項目の一つです。年間走行距離が長い人は保険料が高く、短い人は保険料が安くなる仕組みです。ところがこの年間走行距離は、すべての保険会社が保険料計算に採用しているわけではありません。大手の損害保険会社では採用しておらず、ダイレクト型の保険会社でも数社が採用しているのみです。

また、年間走行距離を採用している保険会社でもその区分数が各社異なります。例えば、走行距離によるリスク細分にこだわりをもっているソニー損保では7区分ですが、各社特徴があります。

ソニー損保の走行距離区分

同条件で比較してみると、年間5,000キロ程度の走行距離であれば、年間走行距離を採用している保険会社もそうでない保険会社も保険料に大きな差はでませんが、それ以上の距離になると年間で数千円から1万円以上の保険料差がでます。年間走行距離を採用している保険会社でも5,000キロ未満の人と10,000キロ以上の人とでは年間で1万円以上の差が出る保険会社もあります。

このように、自分が年間どれくらいの走るかによって支払う保険料に大きな差が出るので、見積もり前の保険会社選びの時から気にしておく必要がありそうです。

ちなみにこの年間走行距離ですが、走行する“予定”の走行距離を申告して保険料を計算する仕組みが一般的で、保険期間中にそれを超えそうな場合は再度申告して追加の保険料を支払う場合があります。一方、前年度の走行距離を申告して保険料を計算する保険会社もあって、その場合は申告した走行距離を超えても途中で追加の保険料を支払う必要はありません。(次の更新の時にはそれが前年の走行距離実績になるため)

業務で使う車は割高に

見積もりをする際に聞かれることの一つに、契約する車の「使用目的(使用用途)」があります。日常・レジャー使用、通勤・通学使用、業務使用、といった区分が一般的です。中には主に家庭用と主に業務用の2区分の保険会社もあります。どこの保険会社も概ね業務使用は保険料が割高です。仕事でほとんど毎日車を使う人のリスクが高いのは容易に想像できるでしょう。業務使用で契約をしなければならない人は面倒でも各社で見積もり取って十分比較検討してみください。業務使用はどこの保険会社も割高とは言え、各社その程度が異なるからです。
ちなみに「使用目的(使用用途)」の区分を採用していない保険会社もあり、通勤・通学使用、業務使用の人であれば、区分している保険会社より保険料が割安になる傾向があります。

今回紹介しました、年間走行距離と使用目的の2つの項目はその会社の自動車保険の特徴をよく表していて、保険料にも影響が大きい項目ですので見積もりの際には要チェックです。

この他、年齢条件の設定はなく運転者の年齢で保険料が決まる保険会社、ゴールド免許割引のない保険会社があるなど、条件設定には各保険会社の特徴があるので「どこでも一緒だから」と面倒くさがらず、自分の利用条件に合った保険会社を見極めましょう。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート