ガッチガチ自動車コラム

自動車保険の特約選びは個人賠償責任保険特約と弁護士費用特約の2つに注目

自動車保険には「賠償」「傷害」「車両」の3つの柱となる補償の他にオプションで付けることができる「特約」があります。各社共通の特約もあれば独自の特約もあり、選ぶ時に迷うところですが、まずは特約の中でも“これだけは検討しておきたい”特約に絞って選び方を整理してみます。

自動車保険の特約、この2つに注目すれば安心

自動車保険の特約を選ぶ時は、まずこの2つの特約に注目すれば安心です。

1.個人賠償責任保険特約 日常生活で他人を死傷させたり、他人の物を壊したりした場合の法律上の損害賠償責任を補償
2.弁護士費用特約 自分が被害者になった場合に示談交渉を弁護士に依頼した場合の費用を補償

個人賠償責任、弁護士費用のリスク

特に個人賠償責任保険特約には注目です。自転車に乗っていて相手を死傷させてしまう事故はたえません。自動車事故同様に数千万円という高額な賠償金を支払わなければならないケースも出て来ています。リスクマップ上にも記しましたが、高額な個人賠償は保険でカバーするリスクでしょう。

自転車事故だけではなく、子どもが誰かをケガさせてしまった、誰かの物を壊してしまった場合も補償されますし、飼い犬が他人に噛みついた場合も補償の対象です。この万能な特約は、保険料が年間1,000円前後で家族全員が使えるので生活必需品と言ってもよいでしょう。保険金額は1億、2億といった金額で加入でき、無制限を選べる保険会社もあります。また、相手との示談交渉をサポートしてくれる保険会社もあります。

一方、弁護士費用特約は、自動車事故で被害者になった事故の場合に安心の特約です。赤信号で後ろから追突されたなど、明らかに相手に100%の過失がある事故では、自分の保険会社は法律上示談交渉ができません。よって自分で示談交渉することになるのですが、それを弁護士に頼む費用を補償してくれます。この便利な特約も補償額300万円で保険料は年間1,500円程度。個人賠償責任保険特約同様、家族は皆使えるので付けておきたい特約です。交通事故だけでなく、日常生活における被害事故についても弁護士費用が支払われる保険会社もあります。

ロードサービスってどうなの?

今や当たり前となったロードサービスですが、自分でその内容を選んだりすることはできません。一部の保険会社ではロードサービスを「なし」にすることはできます。ロードサービスの内容を吟味するのであれば、

  • レッカー移動の距離
  • ガス欠の場合の対応内容
  • 現場修理サービスの内容と条件
  • 自宅宿泊先への移動交通費
  • 緊急宿泊費

をベースに比較するのがコツ。JAFに加入しているかも含め、自分で満足行くレベルのサービスを検討してみましょう。ただし、あくまで付帯サービスですから自動車保険の“補償”選びに注力すべきです。

その他注目の特約は?

事故で車の中にあるゴルフバッグが破損するなど、車に高価な物を積んでいることが多い人にオススメの「身の回り品補償特約」、いわゆる原付バイクを持っている人ならお得な「ファミリーバイク特約」など、自分のカーライフに合わせてチョイスできる特約もあるので注目です。また、対物事故で相手の修理代が時価を超えた場合、その差額は補償されないことからトラブルになりやすいもの。それを補償してくれる「対物超過修理費用補償特約」は保険料が安く各社加入率が高い特約です。

以上のように、自分の車の利用状況や保管状況による事故のリスク、経済的な状況によるリスク、現在の等級などに着目して、車両保険の必要性をじっくり考えてみてください。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート