ガッチガチ自動車コラム

人身傷害保険の入り方

自分や同乗者が死傷した場合の補償が人身傷害補償保険です。搭乗者傷害保険も同様ですが、自動車保険の「傷害保険」といえば人身傷害保険が主流となっています。そこで人身傷害保険や搭乗者傷害保険の必要性をリスクマップで考えてみましょう。

注目すべきは重度の後遺障害

病気で死亡したり入院したりするリスクと同じように考えればよいですが、自動車事故による死亡やケガの方が頻度は低めです。ただし、経済的なダメージはあまり変わらないでしょう。

自動車事故の損害リスク

自動車事故による自分や家族の死亡については生命保険を考える時と同様に、万が一の後の経済的リスクを考えればよいでしょう。また、ケガについても医療保障を考える時と同じように、病気やケガをした時の経済的リスクを考えればよいでしょう。つまり、生命保険や医療保険などの保障がしっかりしていれば、自動車保険で傷害補償は必要ないかもしれません。

ただし、大変なのは「ケガによる重度の後遺障害」です。後遺障害になってしまった場合、将来どれだけ費用がかかるか計り知れません。また、長期の治療と休業を余儀なくされるケガも家計に大きな影響があるでしょう。そのような場合、生命保険だけでなく、人身傷害保険があると安心です。

人身傷害保険は短期の入院や治療も当然のことながらカバーするので、自動車事故における傷害補償としては必須と考えてもよいでしょう。

人身傷害保険の保険金額の設定は最低3,000万円から最高無制限まで設定できます。治療費だけでなく、休業損害や精神的損害も対象になります。保険料と相談しながらですが、3,000万円〜5,000万円で加入するのが適当でしょう。一般的に、事故により重度の後遺障害を負い、介護が必要と認められる場合には、設定した保険金額の2倍の補償が限度額になります。例えば5,000万円で加入していれば、1億円まで補償されます。

搭乗者傷害保険は必要?

人身傷害保険は、例えば治療費で50万円かかった場合、単独事故であっても、相手から支払いを受けることができる事故であっても、すぐさま治療費の50万円を受け取ることができる仕組みになっています。相手がある事故であっても相手の支払いを待つ必要がありません。よって、自分や同乗者の死傷による経済的なリスクは人身傷害保険でほとんどカバーできてしまうのです。一方、搭乗者傷害保険は、死亡したら500万円、打撲の場合は10万円といったように、あらかじめ契約した金額が支払われる仕組みです。

「搭乗者傷害保険」の特徴を一つあげるとすれば、決められた金額が支払われる仕組みであるため、普通の傷害保険と同様に、支払いが迅速であることです。万が一の時の手元の現金に不安がある時は助かります。人身傷害保険を基本に必要であれば上乗せで加入するといったスタンスでよいでしょう。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート