ガッチガチ自動車コラム

対人・対物賠償責任保険は自動車保険の要

自動車保険の最大の目的は対人賠償、対物賠償の高額賠償に備えることです。そこで対人賠償責任保険と対物賠償責任保険の必要性をリスクマップで考えてみます。

対人賠償と対物賠償は保険でカバーする

対人賠償のリスクと対物賠償のリスクを早速リスクマップにマッピングしてみます。

対人賠償のリスクと対物賠償のリスク

高額な対人賠償と対物賠償のリスクは、頻度は低いがリスクが大きいAのエリアに入ります。よほどの資産家でない限り、保険でカバーすることになります。また、自動車によく乗る人は、少額な対人・対物賠償のリスクの頻度は比較的高いと言えます。

このような対人賠償と対物賠償の経済的なリスクをカバーするために、対人賠償責任保険、対物賠償責任保険は「無制限」で加入することをオススメします。自賠責保険(強制保険)では、死亡で3,000万円、ケガで120万円の補償が限度ですし、そもそも対物賠償の補償はありませんから、任意保険で補償を準備することが必須なのです。

高額な対人・対物賠償事故は他人事ではありません

<対人賠償>

対人賠償の金額は治療費や休業した場合の補償だけではありません。精神的な損害や事故がなければ得られるはずの利益(主に勤労収入)である“逸失利益”と呼ばれる金額も計算されます。高額な収入を得ている職業の人(医師など)や若くて将来がある会社員や学生を死亡させてしまった場合、重度の後遺障害を負わせてしまった場合は、賠償金額が大きくなるケースがあります。

人身事故 高額賠償判決事例

<対物賠償>

対物賠償というと相手の車の修理代といったイメージが強いかと思いますが、車に積んであった商品、道路やガードレールも賠償の対象になります。また、お店に衝突した場合は、お店の修理だけでなく、お店にあった商品の損害、お店を営業できなかったことによる利益の損害も賠償の対象になります。だから数億円になるケースがあるのです。

物損事故 高額賠償判決事例

「自分には関係ない」と思っている人は危険です。死亡事故の統計によると、4,000万円を超える事故が約4割もあります。他人事ではありません。

対人賠償責任保険 死亡事故認定額構成比 (平成24年度)

対物賠償責任保険と合わせて考える特約

対物賠償の支払限度は法律上の賠償責任である“時価額”であって新しい車を買い直す金額ではありません。よって、特に年式の古い車の場合などは修理費用が時価額を超えてしまうこともあり、不足分についてはよくもめることが多いです。そんな時に役立つのが「対物超過修理費用補償特約」です。修理費用が時価額を超え、実際に修理した場合にその差額を補てんしてくれます。多くの保険会社が50万円を限度としています。保険料は数百円程度なのでトラブルになってしまった時のことを考えれば、加入していても損はないでしょう。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート