自動車保険に新規加入する方へ

新規加入をご検討の方へ

自動車保険に新規で加入する場合の手続きについてご案内します。

事前に用意するもの

自動車保険に新規で加入するには、事前に以下のものを用意しておく必要があります。

車検証

自動車の登録(自動車新規検査)を行った際または車検(自動車継続検査)に適合した際に、運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)から発行される書類のことをいい、正式名称を「自動車検査証」といいます。

自動車保険に加入する車がすでに納車されている場合には、取扱説明書などと一緒に車に積んであるかと思いますので、まずは手元に用意しておいてください。ちなみに車検証は道路運送車両法という法律によって、車に備え付けておくことを義務付けられており、違反すると50万円以下の罰金が課せられることになっていますので、自動車保険の加入手続きが済んだら、車に戻しておくのを忘れないように気をつけてください。

まだ納車されていない場合は、事前に自動車販売店などにお願いして車検証のコピーを取り寄せて納車予定日を確認しておきましょう。(登録が完了していない場合には、カタログや注文書などで車の「型式」を確認しておけば、とりあえず見積もりをとることは可能です。)

  • 車検証(普通自動車)
  • 車検証(軽自動車)
  • 車検証(普通自動車)
  • 車検証(軽自動車)

運転免許証

続いて自動車保険の対象となる車を主に運転する人の運転免許証を用意します。運転免許証については、自動車保険加入手続きの際に、生年月日、免許取得日、有効期限の帯の色(グリーン、ブルー、ゴールド)などの情報が必要となりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

運転免許証
これで、準備はできましたね!早速、あなたの自動車保険料を調べてみましょう。
楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

自動車保険に加入する方法

自動車保険に新規で加入するには、いくつかの方法がありますが、ここではダイレクト系の保険会社を例にとってご案内します。

まずは見積もり

自動車保険の見積もりをとるには、主に保険会社のコールセンターに電話をかける方法と、保険会社のウェブサイトを利用する方法があります。

どちらを利用した場合であっても見積もりそのものは無料で提供されていますので、まずは気軽にトライしてみましょう。

電話を利用する場合には、新聞や雑誌の広告に「自動車保険が安い!今すぐ見積もり!」 などというキャッチフレーズとともに記載されている電話番号や、テレビのコマーシャルで連呼されている電話番号に電話して、オペレーターの質問に答えていくと保険料の見積もりを手に入れることができます。  ここで、電話が苦手という人には保険会社のウェブサイトを利用する方法がおすすめです。

この方法であれば24時間いつでも好きなときに利用できますし、担当者に気がねすることなく何回でも好きなだけ条件を変えて納得がいくまでくらべてみることができます。

加入手続きの注意点

ダイレクト系保険会社で自動車保険に新規加入する際の手続きについては、いくつか気をつけなければいけないことがあります。保険会社によって取り扱いが異なりますが、ウェブサイト経由で手続きをしてインターネット割引が適用されるためには一定の条件があったり、また加入する人の条件によってはインターネットで手続きできない場合があったりしますので、保険会社のウェブサイトにある問い合わせフォームを利用するなどして、事前にしっかりと確認しておきましょう。

最後に、以前に自動車保険に加入していて中断証明書の発行を受けている場合には、証明書を利用して割引の等級を引継ぎできる可能性がありますので、事前に保険会社に相談してみてくださいね。

より正確な保険料を調べるには、楽天の自動車保険一括見積もりサービスが最適!

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!新規加入時のポイントをご紹介します。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート